PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
ここの舞台はある中世ファンタジーの世界。
魔法もあれば、剣も使い戦いが繰り広げられるそんな世界。

帝国が周りの小国を飲み込み「平定」を目指している。帝国側、王国側、小国側となり物語を紡いで下さい。帝国、王国、小国どの勢力を選んでも問題は有りません。
それこそ帝国が攻め、王国が守るという話でも、小国が帝国に反旗を翻し攻め入るという話でも、小国で内乱が起こると言う話でも舞台設定は自由です。

舞台は街中でも戦場でも各陣営の本拠地、野営地でも有りえる場所であれば問いません。舞台は戦乱渦巻く大陸です。

ソロル、置きロルも可能。基本はシリアス展開です。

★エロルも有りですが、お相手と相談して進めるようにしてください(NGの確認など)
★基本のチャットマナーは守ってください。確定ロル、チートなどは避けて下さい。
★名前+♂♀+役柄で入室をお願いします。
(キャラ及び設定はオリジナルでお願いします。他の部屋からの持
ち込みはご遠慮下さい。)

戦火の大陸__本部屋Ⅱ
http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=133953
PL部屋
https://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=389698

素敵な物語を紡いで下さい。
追伸、PL部屋新設しました。文章量の定義は諸説あり、ここでは中文以上としていますが、長文強制はしておりません。
以下を参考までに
中文 120文字以上 300文字未満
長文 300文字以上 600文字未満

部屋主
 [×消]
おしらせカロン♀小国王女さん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (5/28 12:41:50)

カロン♀小国王女ちゃんと仕事はしてるみたいね。(《あぁ…任務だしな!お前もしっかりお世話係やれよな?じゃーな!》(振り向き手をあげユリシスの元へ向かうリオン)   (5/28 12:41:26)

カロン♀小国王女なら貴方なんでさっき加勢しなかったのかしら?(《げっ!?バレてたんかよ?お前の本気の天変武装した状態で勝てるわけねーだろ!》)んふっ…賢明な判断ね♪さすがそういうことだけは貴方を尊敬しするわ♪(《なんか…バカにされてね?俺?》)さぁ?どうしかしら?(《はぁ、、まぁいいわ。あ、そうだ!これお前に渡さないとな!ほれっ!(胸ポケットから取り出したのは反乱軍の正確な情報)《それじゃ俺はあの小娘背負って帰るわ》)   (5/28 12:38:58)

カロン♀小国王女(《アハハッ!随分と仲良くやってるじゃないかサラ!こっちは反乱軍の情報上げるのに必死だってのによ…。カロン様のお世話係もしっかり身についてるみたいだし?ん?》(見ればわかるカロンがサラの言う通りにしっかりと耳を塞ぎベッタリとサラに身を寄せていて)ふっ…その言葉褒め言葉として受け取っとくわ。そういう貴女こそあの反乱軍の長の懐にうまく入ったみたいじゃない?さすが!口説くことだけは一流だものね貴方w今じゃ副団長にまで上がってるんですって?ゼノン様褒めてらしたわよw(《…ハッ!あんな小娘など落とすなんて楽勝だし!ってかよーお前少しやり過ぎたんじゃねーか?あの小娘背負って帰る身にもなれよな?》)   (5/28 12:31:40)

おしらせカロン♀小国王女さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (5/28 12:21:45)

おしらせカロン♀小国王女さん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (5/27 12:40:15)

カロン♀小国王女(突如現れた男性に驚くカロンはサラの背後に隠れるもどうやらサラはこの男を知ってる様子で…。『サラさんのお知り合いの方…なの?』《えぇ、、そりゃーお知り合いも何も同じ…》それ以上喋るなと言わんばかりに残った魔力で氷の刃を飛ばすサラ)カロン様…少しだけ耳をお塞ぎください!(『えっ?あ、うん…』両手をしっかり耳にあて音を遮断するカロン)   (5/27 12:40:00)

カロン♀小国王女(『えっ、あっ…じゃ私も天変武装?って言うの出来るの?うぅーー天変武装…天変武装…っ!』)ふふっ…カロン様それで出来るなら苦労はしません!先ほども言いましたが王宮の限られた人のみが出来るんです!(『私も使いたい!ねぇ?教えて!サラ天変武装…。サラに出来るんだもん!私にだって出来る…はずでしょ?』)その話はまたにしましょう!(『もうーサラのイジワル!』)はぃ!イジワルですw(2人話しながら来た道を戻ってると木陰から1人の男が軽い拍手をしながら出て来た。《いやいや〜お見事でしたぁーサラさん!あのユリシスを打ち負かすとは大したものです》)お前っ…なんでここに!?   (5/27 12:35:29)

カロン♀小国王女(辺りに散らばった氷の結晶を避けながら歩く2人)ここまで来れば安全ですね。カロン様を危ない目に合わせてしまい申し訳ございませんでした…お怪我はされてませんか?(気遣うサラに『うん…大丈夫だよ。サラは?』逆に気遣うカロン)私はあれくらいなんともありませんから大丈夫です。それと…先ほどの無礼な言葉を放ったかもしれません…この事に対して誠に申し訳ありませんでしたカロン様(『そんなことないよ!でも…サラにあんな事出来るなんてびっくりしたけどね。えっと…天変?天変…武装?』)あ、はぃ…天変武装です。あれは王宮の限られた人のみが出来る言わば身体強化です。(『えっ、限られたって…でもさっきユリも使ってた気が…』)はぃ…もちろんあれは天変武装です。ですがあれは本当の天変武装ではございません!もしあのユリシスも完璧に使いこなせていたら…私もただでは済まないはずなので。   (5/27 12:27:18)

おしらせカロン♀小国王女さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (5/27 12:16:55)

おしらせユリシス♀小国反乱軍さん(Android SoftBank openmobile)が退室しました。  (5/25 19:03:21)

ユリシス♀小国反乱軍【こんばんは!カロンごめんね…。ちょっと体調崩してしまって…。様子見てロール書くから、ちょっとまっててね…】   (5/25 19:03:17)

おしらせユリシス♀小国反乱軍さん(Android SoftBank openmobile)が入室しました♪  (5/25 19:02:44)

おしらせカロン♀小国王女さん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (5/24 12:37:09)

カロン♀小国王女(『はっ、はっ…そんなユリ……。』サラが放った波動を見てるしかなかったカロンは崩れ落ちる氷柱と共に地面に座り込んでしまう『いや、、やだぁ!ユリ!ユリ!お願い返事して!ユリーーっ!』声を張るだけしか出来ないカロン…もし私にチカラが…天変魔装が出来たらと自分の無力さを知ったカロン)さぁカロン様帰りましょうか♪(『サラ…貴女…っ!』涙を流しながら睨みつけるカロン)大丈夫ですよ?カロン様あの程度で死んでしまうならゼノン様も手を焼いたりしませんので(『ほんと?本当に死んだりしてない?』)えぇもちろんです。(と言ってもただでは済まない…とは言わず)さぁここに留まってると他の反乱軍が来ますので私たちはここから離れましょう…。(『う、うん…サラ…ごめんね。』)   (5/24 12:36:01)

カロン♀小国王女ふふっ…そうね。私を倒せればの話よね!でも大丈夫よユリシス貴女はここでは殺さないから…。私の命はそこにカロン様を連れて帰ることですし…。まぁ貴女の命を奪わなければいいだけのこと(天変波動を放つも諦めないユリシス)はぁ、仕方ありませんね…。もう少し痛い目に遭わないとダメと言うことでしょうね…。(闘志むき出しで迫ってくるユリシスに波動に少しだけ魔力をあげると波動が大きくなっていく)そろそろ終いにしましょうねユリシス。次は王の居る宮殿でお待ちしてますわ♡(微笑んだサラの波動が大きくなってユリシスに襲いかかると背後にある氷柱に打ちつけられると同時に崩れ落ちる氷柱の下敷きになるユリシス)ふぅ、、少しムキになってしまいましたね。   (5/24 12:29:00)

おしらせカロン♀小国王女さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (5/24 12:19:18)

おしらせユリシス♀小国反乱軍さん(Android SoftBank openmobile)が退室しました。  (5/23 23:34:43)

ユリシス♀小国反乱軍逃げ場なんて必要ない…あなたを倒せば良いだけなんだから…!!(天変波動を目の当たりにして、未だその力を使うことができていないユリシスは焦りを見せ始めていた。しかしここで作戦を諦めるわけにもいかず、ユリシスは天変武装の力を持ってサラに切りかかっていく__。氷の壁の中でユリシスとサラの闘いが始まると、氷の壁の外側には一人の男が姿を現していた。反乱軍の幹部リオンである。『はははははっ!!苦戦しているようじゃないか…ユリシス!!』その声が氷の壁の中に届くはずもなかったが、それはリオンなのとっては好都合であった。『この場でサラもろともユリシスを焼き払ってもいいが…中にはカロンもいるみたいだからな』リオンが剣を抜いて天へと掲げてあの言葉を口にする__『天変武装…!!』すると、雲の隙間から炎の柱がリオンへと落ちてくる。リオンの剣と鎧が所々紅く染まっていき、炎の属性が付与されたようだ。)   (5/23 23:32:16)

おしらせユリシス♀小国反乱軍さん(Android SoftBank openmobile)が入室しました♪  (5/23 23:21:16)

おしらせカロン♀小国王女さん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (5/22 12:34:36)

カロン♀小国王女(2人の禍々しい姿に恐れを感じ隠れてた物陰から飛び出てくるなり止めにかかるカロン『お願いだからもうやめて!サラさん、ユリも!』必死に止めにかかるカロン…。だがこの天変武装になってしまえば止めるカロンの声など聞こえてるが聞こえない…。ただ相手を再起不能にするまではとまれないのだ!)ふふっ…この一撃で沈めてあげるわユリシス…。二度とカロン様に近づくなんて愚かな事をしなくなるほどにね!(さらに魔力を高めるサラ辺り一面に広がる氷の壁がユリシスを囲む…。それは今からこの天変武装を極めた人のみが使える言わば奥義である『天変波動』)さぁどうするのかしら?背後に逃げ場はないわよ?(両手に魔力を込めるサラ…その手は青白く輝きを放つ)『サラさん!ダメよ!それを使っちゃ!ユリ!お願い逃げて!』(そんなことおかまなしいに怒り任せなユリシスは剣に雷を纏わせ切りかかってくる)   (5/22 12:32:42)

カロン♀小国王女【こんにちわ♪こっちもいつもユリシスのロールに感謝しっぱなしだしwタイミング合わなくてごめんね…】   (5/22 12:19:48)

おしらせカロン♀小国王女さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (5/22 12:18:42)

おしらせユリシス♀小国反乱軍さん(Android SoftBank openmobile)が退室しました。  (5/22 00:23:50)

ユリシス♀小国反乱軍【カロンありがとう♪いつも楽しいロール感謝だよ!】   (5/22 00:23:47)

ユリシス♀小国反乱軍あなたが氷なら、私は雷なの。あなたこそ、私を見くびり過ぎなんじゃない?(天変武装には色々な属性が存在していることが分かっていたが、まさかサラが天変武装を使えるのは予想外だった。ゼノンも何かしらの天変武装を使えるはずだし、反乱軍のリオンも大地属性の天変武装を使うことができる。各属性に何人も使用者がいるが、ある程度の力を保有していないと天変武装を使いこなすことはできない。帝国や王国には、かなりの数の天変武装の使い手がいるはずだ)サラ…悪いけどカロンは私がもらっていくから…!!カロン…!!そこは危ないから避けてて!!(ユリシスが剣を撫でていくと雷が纏っていく。地面を思い切り蹴り全身にもさらに雷を纏うと、猛スピードでサラへと斬りかかろうとする__)   (5/22 00:21:30)

ユリシス♀小国反乱軍(サラが魔法だけでなく天変武装まで使っているのを見た時、サラが一体何者なのか…ゼノンを裏で利用しているのはサラなのではないか…という疑問が次々に湧いてきたが、今はそんなことを考えている場合ではない。サラがユリシスに斬りかかるのを止めたのは、側に隠れていたカロンだった__)カロン…!!(この場をどう切り抜ければいいのだろう…。ユリシスの目的はサラを倒すことではなく、カロンを誘拐すること。しかし、目の前にいるサラは予想以上の力の持ち主だった。とりあえずユリシスも本気を出さなければ、このままサラに殺されて終わりなのは明白。ユリシスは静かに呪文のようなものを唱え始めると、天から再び雷がユリシスに向けて降ってくる__。するとユリシスを覆っていた氷が一瞬にして溶け、ユリシスの鎧が雷を纏ったかのように、バチバチと電気を発していた__)   (5/22 00:06:56)

おしらせユリシス♀小国反乱軍さん(Android SoftBank openmobile)が入室しました♪  (5/21 23:55:09)

おしらせカロン♀小国王女さん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (5/21 12:38:19)

カロン♀小国王女貴女がゼノン王に刃向かう方で無かったからこんな所で命を落とすことなんてなかったわね…。(一息にユリシスの首めがけ剣を振りかざそうとすると物陰に隠れていたカロンが大きな声で止めに掛かる)『待って!サラさん!待ってぇぇ!!』(寸前のところでカロンの声に耳を傾けたサラ少し刃が首元にあたったのかタラーっと血が垂れ落ちる)カロン様…隠れてるように言った筈ですが?どうして出てきたのです?『はぁはぁ…サラさんダメだよ。ユリは…ユリは…友達だもん』カロン様言わせて頂きますがユリシスは反乱軍の長なのですよ?今この場で亡き者にしないと今度はこちらが…。『そんなことはわかってる!わかってる…けど…。』   (5/21 12:38:04)

カロン♀小国王女(目を閉じチカラを溜め放った言葉…天変武装…と呟くと辺り一面に冷気が広がりサラの周りに冷たい冷気が集まりだすと身体を覆う冷気)ふふっ…待たせたわねユリシス。と言っても私がこの武装したら貴女に勝ち目はもう無いわよ?ほら何も気づいてないわよ?(そう言い放ちユリシスの足元を指差すと知らない間に冷えた冷気の影響で身動きが取れなくなってるユリシス)ふふっ、完全なる天変武装の使い手なら周りの物質にも影響を与えることができるのよ?今の私は氷の武装…。他にはって死にゆく貴女に説明しても意味ないわねwお喋りはここまでしましょうか…。(手を広げると水が溢れでるとそれが一瞬にして氷の剣へと変貌し身動きの取れないユリシスへと歩みを進めるサラ)大丈夫ユリシス私の太刀筋は一瞬。痛みなんて感じないわ。   (5/21 12:30:32)

カロン♀小国王女【こんにちわ♪あははごめーんwつい操作しちゃった!次から気をつけるねーw】   (5/21 12:18:51)

おしらせカロン♀小国王女さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (5/21 12:17:58)

おしらせユリシス♀小国反乱軍さん(Android SoftBank openmobile)が退室しました。  (5/20 22:04:45)

ユリシス♀小国反乱軍【私の口調で繋げても大丈夫なら繋げるよ♪】   (5/20 22:04:42)

ユリシス♀小国反乱軍【こんばんは♪カロン、ロールありがとう!なんだけど、私を操作しちゃってるよーw口調とかも違和感出ちゃうから、どうしようかと思ってたぁ…】   (5/20 22:03:57)

おしらせユリシス♀小国反乱軍さん(Android SoftBank openmobile)が入室しました♪  (5/20 22:01:40)

おしらせカロン♀小国王女さん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (5/20 12:43:29)

カロン♀小国王女ふふっ…ふふふっ…(『何がおかしいのよ!これは脅しじゃないわ!そこを退いてくれるなら痛い思いはしないわよ?どうするのサラ!』)…そうね…他の人なら今の貴女の姿を見たら退くわね。でもね!貴女だけじゃないのよ?天変武装使えるのはね!それに貴女の天変武装は本当のチカラを出せてないわ!(『…何言ってるの?嘘よ!貴女に天変武装が出来るわけないわ!そんなハッタリよ!』)そう?なら見せてあげるわ 本当の天変武装を!(小型ナイフをおさめ目を閉じ両手を合わせ何かに話しかけるように呟くサラ)…天変…武装……。   (5/20 12:43:18)

カロン♀小国王女(『貴女が特別?笑わせないでくれる?たかが魔法…そんな氷の刃くらいで倒れる私ではない!それに私には貴女には使えない切り札があるのよ!こんなところで貴女相手に使わないといけないなんてね…。ふぅーー…行くわよ!天変武装!』そう叫ぶと雷がユリシスへ降り注ぎ白い鎧を纏った姿に。『はぁ…この技は貴女達の王ゼノンに使いたかったんだけどね…。まさかここまで追い詰められるとは思ってなかったわ。さぁーこれで終幕よ!』 (ユニシスの持ってる剣がバチバチと雷が纏り勝ち誇った顔をするユニシスがその姿を見て動じる事がないサラ)   (5/20 12:34:58)

おしらせカロン♀小国王女さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (5/20 12:18:57)

おしらせユリシス♀小国反乱軍さん(Android SoftBank openmobile)が退室しました。  (5/19 21:22:00)

ユリシス♀小国反乱軍【こんばんは♪まだ私の時間軸を超えてないと思ってたから、もう少しロール待ってみるね!】   (5/19 21:21:56)

おしらせユリシス♀小国反乱軍さん(Android SoftBank openmobile)が入室しました♪  (5/19 21:21:21)

おしらせタナ♂40剣士さん(Android docomo spモード)が退室しました。  (5/17 15:24:40)

おしらせカロン♀小国王女さん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (5/17 15:24:29)

おしらせタナ♂40剣士さん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (5/17 15:24:19)

カロン♀小国王女(案の定誘いに乗るユリシス…剣を抜きたかがナイフのみの私に切りかるも涼しげな表情をしながらユリシスの剣を受けとめる『そんなっ!私の剣を初めて見るサラがなんで!』同様するユリシスをさらに焦らすことが起きたのだ!)そんな攻撃なんて初めて見なくても誰でも受け止めれるわよ?ってそれでお終いなのかしら?なら次は私が面白い物を見せてあげますわ(そういうと右手の掌を広げると光輝きだし無数の氷の刃がユニシスめがけ飛んでいくと腹部、右足に刃があたり膝をついてしまう『はぁはぁ…なんで貴女が魔法を!?ありえない!』)あら?魔法は特別な人のみだけだと思ったのかしら?だとしたら私も特別?だと言うことなんじゃないかしら?(まさか魔法があるとは知らず近づきすぎたユリシス。逃げる事も考えたが私には切り札がある!まだ戦えると心は熱く燃えていた)   (5/17 15:24:09)

おしらせカロン♀小国王女さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (5/17 15:14:45)

おしらせカロン♀小国王女さん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (5/17 12:40:39)

カロン♀小国王女『……っ!?カロン様!!』なっ、何よ!(先ほどまで楽しい時間が一変し微笑んでたサラの顔に緊張が走る)これは……馬?まさか!?(歩いて来た離れた道から迫ってくる馬足に恐らくユリシスだと察知したサラ)『カロン様…少しだけあちらに身を隠しててください』…えっ!?あ、、う、、うん…。(強張る顔をするサラの言う通りに物陰に隠れるカロン。そして…道の真ん中に立つサラはやって来た馬を確認すれば隠していたナイフを手に持ち)『やはり…貴女でしたか……。お久しぶりでございますねユリシス様。いえっ!今では国の反乱軍の長でしたね!』(「サラ…えぇ、久しぶりね…。なら私がここに来た理由はご存知の筈ね。居るんでしょ?カロンが」)『居たらどうなのですか?貴女には関係の無い話だと思いますが?それとも…反乱軍らしく…』(「そうね…」そう言うと馬から降りるユリシスは腰にある剣をゆっくり抜いて)   (5/17 12:40:12)

カロン♀小国王女(カロンと合流し王宮に戻る2人を包みこむかのように優しい風が吹けば思わずクスッと笑ってしまうサラ)……サラ?どうしたの?(王宮では笑ったところを見たことはほとんど無い為すこし驚いたカロン)『あ、すみません…。カロン様が落ち込んでる姿を見てると良くゼノン様に叱られた時を思い出してしまいました。その時は良く私の後ろをずっとついて来てた事を思い出したんです。』そ、そんな…昔の事覚えてないもん!さ、サラの思い込みでしょ?絶対そうよ!私そんなことしてないもん!『ふふっ、はぃはぃ。私の思い込みですw』(そう言って強がるカロンはあの時のままで)大丈夫ですよカロン様…私がずっとお側に居ますので)何よ今更…サラは私のお世話役なんだし当たり前だし!『ふふっ。はぃ♪ 』(そう言うと手を差し出すと私の手を取るカロン)さぁ…早く王宮に行きましょう。   (5/17 12:27:24)

おしらせカロン♀小国王女さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (5/17 12:16:44)

おしらせユリシス♀小国反乱軍さん(Android SoftBank openmobile)が退室しました。  (5/16 23:22:49)

ユリシス♀小国反乱軍ま…魔法…!?なんでサラが…!!?(氷の刃を剣で受け止めるユリシスだったが、あまりの数に全てを防ぐことはできず腹部と右足に氷の刃が突き刺さっていく__)ま…まさか……サラにこんな力が……(片膝をついて蹲ってしまうユリシスだったが、攻撃を受けた箇所から出血し始めていた。幸い致命傷にはならなかったようだが、かなりのダメージを負ってしまっていることは確かだった…『私になら簡単に勝てると思った…?私から見たら、あなたなんてアリ以下なのよ』サラの変貌ぶりに驚きを隠せないのはユリシスだけではなく、カロンも同様であった)はぁ…はぁ……仕方ない……。こんなところで、この力を使うことになるなんて思ってもなかったけど…。天変武装…!!(ユリシスが言葉とともに剣を天へと掲げると、雷のような光がユリシスへと降り注いでくる。数秒後にその光がゆっくりと消えていくと、白い鎧に身を包んだユリシスが姿を現していた__)   (5/16 23:22:31)

ユリシス♀小国反乱軍(そんなことが起きているとは思ってもいないユリシスは、視界の前方にカロンの姿を発見していた。しかしカロンは一人ではなく、側近のサラと一緒だった)サラ…お前がゼノンとなにかを企んでいることは分かってるんだ…。お前にカロンを任せておくわけにはいかない…!!(ユリシスは馬を全力で走らせると、カロン達との距離がどんどん詰まっていく。そしてユリシスはカロン達に追いつくと、馬から降りて剣を構え二人の前に立ちはだかる__)サラ…!!カロンをこちらに渡してもらう!!(剣を構えるユリシスの行動を不思議に思い混乱するカロンだったが、サラはユリシスを見るや、俯いたまま不気味に笑っていた__『渡すわけないでしょ…?カロン様は王宮へと戻られるのですから』)サラには申し訳ないけど、力づくでもカロンは私と一緒に来てもらうから…!!(剣を右手に構えながら、サラに対して攻撃を仕掛けていくユリシス。するとサラは不気味な笑みを浮かべたまま、ユリシスに対して右手の掌を向けながら呪文を唱えていた。掌が一瞬輝き出すと、そこから無数の氷の刃がユリシスに向かって放たれていく__)   (5/16 23:10:31)

ユリシス♀小国反乱軍(一方セルピアの反乱軍の拠点では、不穏な動きが見られていた。幹部のリオンが、セルピアの反乱軍全兵力を持って王都へと攻めてしまおうと言い出したのだ。もちろん他の幹部達は反対していたが、ユリシスの護衛とカロン誘拐作戦をより確実なものにするためという口実で、リオンは幹部達の反対を退けてこの提案を強行することにしたのである。兵士達のこの作戦への士気も高く、リオンの作戦を否定する者はいなくなっていた。リオンのこの作戦だが、発案者はリオンではなくゼノンだった。ゼノンとリオンは裏で繋がっており、マリステア反乱軍を正規軍に取り込むことがリオンに課せられた指令であった。そのためには、ユリシスを自然な形で捕らえることが最重要となるため、ユリシスをカロン誘拐犯として捕らえようとしていた。また、リオンが正規軍側であるとユリシスが知った時の精神的なダメージは計り知れない。そしてリオンはユリシスなの恋心も抱いているため、捕らえた暁にはユリシスを思いのままにしてしまおうと考えてもいた)   (5/16 22:50:55)

ユリシス♀小国反乱軍(カロンとの待ち合わせ時間に遅れてしまっていたユリシスは、馬上で風に髪を靡かせながらその手綱をしっかりと握りしめていた。約束の場所に到着すると、そこにカロンの姿は見当たらなかった…)間に合わなかったか…。すでに王宮に戻ってしまったかな…(ふと側にある木に視線が向くと、そこにネックレスが掛けられているのを発見する。馬から降りてそのネックレスを枝から外すと、それは間違いなくカロンのネックレスだった。カロンをこちら側に迎えなければ、反乱軍の作戦は無と化してしまう)くっ……カロン……私の想いを伝えたかったけど…。とりあえず王宮に向かうしかなさそうだな…(まだ自分が、反乱軍の長だと正規軍側にはバレていないと思っているユリシスは、カロンを追いかけるため王宮へと馬を走らせることにした__)   (5/16 22:40:55)

おしらせユリシス♀小国反乱軍さん(Android SoftBank openmobile)が入室しました♪  (5/16 22:32:37)

おしらせカロン♀小国王女さん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (5/16 21:09:37)

カロン♀小国王女(『ユリシス…様ですか?もしかして反乱軍の長のでしょうか?』なんで知ってるの?と言わんばかりの顔をするカロン。)でもね…やっぱりあの頃みたいには戻る事は出来なかったみたい…。もし…もしね!ユリが来てくれたら反乱軍に行こうかなぁーって思ってたんだけどね!『えっ!そうなのですか!』えへへ なんてね!でももぅ良いの!ユリはユリの人生があるんだって…(少し寂しそうな顔をしてネックレスを外し側にある枝に引っ掛け)『それは…?』あーこれは…ユリとお揃いのだったんだけどね…私にはもう必要無いかなって。行こサラさん!お父様が呼んでるんでしょ?サラさん呼びに来たんでしょ?『えっ…あ、は、はぃ…。』ほらね!サラさん顔に出るから。って私もだけど!(じゃーねユリ!とネックレスに別れを告げ王宮に帰って行く2人)   (5/16 21:09:19)

カロン♀小国王女(そして少し時を戻しユリシスを待つカロン…。待ち合わせ場所に来てどれだけ経つのだろう…待てど待てどユリシスの姿は無く心配するしかないカロン)どうして来ないのユリ…私…私は。うぅっ…(皆が話してた通り本当に私たちと敵対する気だからもう逢えないのか…と。そんな事を考えるてると背後から足跡が聞こえ『カロン様…』振り向けばそこに居たのは私のお世話役のサラの姿)どうして…サラさんがここに…。(この場所は私とユリシスだけの秘密の場所の筈なのにと…)『すみませんカロン様…王宮から1人出て行くのを見たので…すみませんカロン様』大丈夫よ…そろそろ私も帰ろうと思ってたのよ。『そうだったのですか?あの…この場所は…』(もちろん知ってるがそんな事は言えないサラ)ここは…私とユリ…ユリシスだけの秘密の場所なの…   (5/16 20:59:50)

カロン♀小国王女……はぁっ…//あっ…ありがとうございます//(普段は厳しい王の優しい声のギャップに嬉しそうに言われた通りにし)もぅ…いいでしょうか?誰か来てしまいますので…//(『あぁ、そうだな!続きはカロンを迎えに行って来てからに…だな』笑みをこぼしながら王の顔を見つめるサラ。そんなことをしてると少しずつ近づいてくる足跡に気づき慌ててスカートを元に戻すサラ)で、では私はこれで失礼します。(ゆっくり丁寧に挨拶を済まし王の元から離れてカロンがユリシスとの待ち合わせ場所の秘密の場所へと向かっていく)   (5/16 20:47:16)

おしらせカロン♀小国王女さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (5/16 20:41:11)

おしらせカロン♀小国王女さん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (5/16 15:26:48)

カロン♀小国王女『あ、あの…ゼノン様。私にカロン様を迎えに行かせてもらえないでしょうか?私には心を開いてくれていますし……ど、どうでしょうか?』ハハッ やはり私の思った通りだなサラお前ならそう言ってくれると思った!そう言うなら失敗は許さんからな?『はぃ!必ずご期待に応えてみせます!』うん!ならカロンのことは任す!場所はわかってるな?(首を縦に振りサラの肩を叩き)サラ…いつもの見せてくれるか?『えっ!?ここでですか…?わ、わかしました…』(何かを頼まれ着ているメイドスカートを捲ると綺麗に剃り上げられたオマンコが露わに)『王さま…//』うん!今日も綺麗だぞサラ!それじゃカロンのこと頼んだ!   (5/16 15:26:37)

カロン♀小国王女『…えっ!それは……だ、だめです!カロン様が城を出るだなんて……』ハハハッ冗談だ!冗談w…だがもしそうなるようなら父として…いや、王としてカロンを始末しなくてはな!そうならるようサラがちゃんと目を光らせてくれないとな。『はぃ!ゼノン様に拾われたこの命にかえて必ず』大袈裟だなサラは…前にも言ったがお前を拾ったのはただの偶然だ偶然!『それでも今の私があるのはゼノン王のおかげですから…』(たまたま城下に来たゼノンがどこかに売り飛ばされるサラを見つけそれ以来サラはゼノンに忠誠を誓っている)にしてもカロンには困ったものだな…ユニシスか…。どうしたものかな…   (5/16 15:20:41)

おしらせカロン♀小国王女さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (5/16 15:11:49)

おしらせタナ♂40剣士さん(Android docomo spモード)が退室しました。  (5/16 12:44:10)

おしらせカロン♀小国王女さん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (5/16 12:43:58)

カロン♀小国王女ありがとうございます♪ すみませんそろそろ行かなくてはいけないのでまたよろしくお願いします♪   (5/16 12:43:48)

タナ♂40剣士(カロン王女さまのようなお人がいればせかいはんえいしますよ、)   (5/16 12:43:05)

カロン♀小国王女でも…そういうのはユニシスにお願いしますねw   (5/16 12:42:27)

カロン♀小国王女あはは…ありがとうございます♪   (5/16 12:41:45)

タナ♂40剣士カロン王女今日もお美しいてにキスする、   (5/16 12:41:17)

カロン♀小国王女【タナさん こんにちわ♪】   (5/16 12:40:12)

タナ♂40剣士(こんにちは美しい姫様カロン王女さまあなたの美しさは女神のような美しさだ惚れてしまいそうだ、)   (5/16 12:39:53)

カロン♀小国王女(そんなことを思ってる王の前からカロンの世話を任してるサラが歩いてくる)なんだサラ?今日はカロンと一緒ではないのか?それとも何か?…ふっ、今はよそう…。これから大事な戦なんだ体力を失うわけにはいかんからな!(笑みをこぼしサラを見つめる王)『あ、いえ…それがカロン様がまた…ユリシス様に会いに秘密の場所に向かわれてしまいまして』なんだと!あやつ…まだカロンと関わっているのか!今じゃ反乱軍の長だと言うではないか!…カロンにはそろそろお前の立場と言うのを教える時が来たのかもしれぬか…。サラお前はどう思う?『私は…カロン様が幸せになってくれるなら何でも…』そうか…ならそのままカロンが反乱軍に行ってしまっても良いと申すのだな?   (5/16 12:39:36)

おしらせタナ♂40剣士さん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (5/16 12:37:50)


更新時刻 05:14:45 | 過去ログ | ルーム管理 | 文字サイズ変更 初期値 縮小- 拡大+ | 背景色変更 デフォルト 白色
新着発言の通知音を
有効にするために
画面をクリックして下さい