チャット ルブル

「とある種族のR部屋」の過去ログ

現在のルーム
過去ログ一覧


2020年03月19日 19時37分 ~ 2020年07月11日 22時41分 の過去ログ
過去ログでは上から下の方向に発言を表示しています

おしらせ阿修羅/ユリウスさんが入室しました♪  (3/19 19:37:56)

阿修羅/ユリウス((輝きの閃光((t   (3/19 19:38:08)

おしらせ進@アビスさんが入室しました♪  (3/19 19:39:03)

進@アビス((アビスに成るのが久々すぎて設定漁ってました遅れてすいませ!!!!!(スライディング入場((()   (3/19 19:39:29)

阿修羅/ユリウス((いらっしゃいませー、!!()   (3/19 19:41:52)

阿修羅/ユリウス((とと、付け足し、大丈夫ですよーっ、!!((   (3/19 19:42:08)

おしらせ進くん15歳さんが入室しました♪  (3/19 19:42:25)

進くん15歳ミナコイに帰れよカス   (3/19 19:42:33)

進くん15歳高校生になるんだからルールくらい守りましょうね   (3/19 19:43:04)

進@アビス((いらっしゃいましたー!!ありがとうございます!!(土下寝)   (3/19 19:43:18)

進くん15歳重要なご報告 > ((突然ですが3月上旬辺りまで私、進はTwitter、LINEなどSNSのアカウント全てに無浮上及び極稀の浮上となります。理由としては2月下旬にある学年末テストに備え勉強しなければならないからです。もう一つの理由としては今までTwitterなどをして現実逃避しまくっていて溜めに溜めていた課題を片付けないと成績や内申点がとんでもない事になってしまう為課題を最低限終わらせて成績を確保する必要が出てきたからです。このままだと行きたい高校すら行けないと親に言われたためこのような判断を取りました。私事を理由に勝手にこの様な判断を取ってしまった事を心からお詫び申し上げます。私が浮上していたら温かく接してくださると嬉しいです。 (1/9 21:08:53) おしらせ > 重要なご報告さん(133.207.***.160)が入室しました♪ (1/9 21:08:48)   (3/19 19:43:29)

進くん15歳※当サイトは18才未満の利用を禁止しています。18才未満の方は、ミナコイチャットをご利用下さい。   (3/19 19:44:37)

進くん15歳ぼく知らないんですけど、18歳以上で中学生ってあるんですか??   (3/19 19:45:20)

阿修羅/ユリウス((え、なにこれ…((いえいえ…!   (3/19 19:45:20)

進@アビス((あー、すいませんね。ルール破ってますよね。すいません。   (3/19 19:46:14)

進くん15歳自分だけいいと思ってんじゃねえよゴミ   (3/19 19:46:49)

阿修羅/ユリウス((…ちょっと待ってください。学年末テストがあるだけで勝手に年齢を決めつけるって…少しこじつけにも程が有る気がしますが…   (3/19 19:46:53)

進くん15歳自分だけなら   (3/19 19:46:55)

進くん15歳このままだと行きたい高校すら行けないと親に言われたため   (3/19 19:47:18)

阿修羅/ユリウス((…確かにそうかもしれませんが、一時的に此処を利用してるだけです。普段から利用してる訳でも無いですので…   (3/19 19:48:13)

進くん15歳いや、一時的にも何もダメだからね??なんか勘違いしてない??   (3/19 19:48:50)

進くん15歳※当サイトは18才未満の利用を禁止しています。18才未満の方は、ミナコイチャットをご利用下さい。   (3/19 19:49:07)

進くん15歳どこにも18歳未満でも一時的ならいいですなんて書いてないけど   (3/19 19:49:39)

進くん15歳君達が良くても、他の人に迷惑掛かるんだよ。ガキには分からないかもしれないけど   (3/19 19:50:27)

進@アビス((あー、すいませんね。でも個人の範疇なんですから良くないです?このような部屋は他にもありますし。   (3/19 19:51:02)

進@アビス((正しくはこういった也切の部屋、と言いましょうか。   (3/19 19:51:22)

阿修羅/ユリウス((他の人に迷惑はかけてないと思うんですが…単に二人だけですから、他人には迷惑かけて無いですし…   (3/19 19:52:08)

進くん15歳違うんだよ、もし君たちがトラブルに巻き込まれた時にこのサイト自体に槍玉に挙げられて閉鎖とか何かしらの規制がかかるとか考えられない?   (3/19 19:53:01)

進くん15歳例えば待ち合わせで作るなり、いろんなチャットサイト(エロとかでもできる)とかを使おうって気持ちにはならないの?   (3/19 19:53:59)

進@アビス((トラブル…ですか、ではここの二人だけでいるルーム内で、例えばどういうトラブルに巻き込まれるのか説明していただいてもよろしいですか?   (3/19 19:54:53)

進くん15歳実際ぼくに突っ掛かられてるじゃん、そこから発展する可能性も大いにあるし公開のお部屋を2人だけのお部屋って考えるのはやめたほうがいいよ?   (3/19 19:56:39)

進くん15歳せめて家族の免許借りて非公開の個室作れるようにするとか、   (3/19 19:57:14)

進くん15歳他の掲示板なりアプリを借りてやるほうが波風立たなくていいと思うんだけど   (3/19 19:57:35)

進くん15歳それか、このお部屋のURLからミナコイのお部屋を消して、ミナコイ側から一方通行にしちゃうとか   (3/19 19:58:15)

進@アビス((ミナコイから一方通行…出来るならそうしたいのですが、如何せんこの部屋を作成したのは私ではないので編集が出来なくてですね。申し訳ないです。   (3/19 19:59:34)

進@アビス((後、一言言わせていただくと、大抵の人は自信に無関係な成りきり部屋には来ないと思いますよ。一つのルームだけで激しく波風が立つことはないかと。   (3/19 20:00:26)

進@アビス((おっと、自信ではなく自身ですね。誤字失礼致しました   (3/19 20:00:47)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、進くん15歳さんが自動退室しました。  (3/19 20:18:47)

阿修羅/ユリウス((何も言えず、ですか……うーん、一先ずこの也は中断にして、ミナコイに戻るかdmで話し合うか…ですよね…   (3/19 20:20:36)

進@アビス((一応私からの意見は言いましたけど、反応なしで落ちましたか…そうですね、一旦この成りは中断しましょう…。取り敢えず、二人で話せるdmにします…?   (3/19 20:21:25)

阿修羅/ユリウス((そうです、ね…中断と言うことで、一先ずこの場から先に離れますね…、では、   (3/19 20:22:44)

おしらせ阿修羅/ユリウスさんが退室しました。  (3/19 20:22:47)

進@アビス((了解です、私も落ちますね。   (3/19 20:23:01)

おしらせ進@アビスさんが退室しました。  (3/19 20:23:04)

おしらせ進/シルヴィアさんが入室しました♪  (3/29 22:21:57)

進/シルヴィア((よいせっ…   (3/29 22:22:27)

おしらせ阿修羅/フォ-ルブラックさんが入室しました♪  (3/29 22:22:53)

阿修羅/フォ-ルブラック((とぁっ()   (3/29 22:23:39)

進/シルヴィア((改めてばんはですっ!   (3/29 22:23:48)

阿修羅/フォ-ルブラック((ばんはですすっ!!   (3/29 22:24:12)

進/シルヴィア((よし、営みですよ…!()そう言えばシルヴィアは処女か卒業してるかどっちがいいですかね…一応聞いておきたくて…   (3/29 22:25:56)

阿修羅/フォ-ルブラック((営みを…!!((特に何でも!ですっ…!   (3/29 22:27:28)

進/シルヴィア((いえす…!((では処女でいきますっ…せんせからの特別授業ということで、性の快感を教えてもらいましょ()   (3/29 22:29:02)

阿修羅/フォ-ルブラック((んなら、おーけーですっ…!!!((()   (3/29 22:30:45)

進/シルヴィア((あざますっ…!さて、出だしはどうします…?   (3/29 22:31:38)

阿修羅/フォ-ルブラック((出だし、…今回は任せて貰っても良きですかね…?()   (3/29 22:34:25)

進/シルヴィア((良きですよっ!書きますね…!   (3/29 22:34:50)

阿修羅/フォ-ルブラック((有難う御座います…!!!   (3/29 22:36:58)

進/シルヴィアんー、先生。体の為にもちょっとは寝ましょうよー。(誰もが寝静まった夜、彼女は己の教師である彼の部屋にいた。ベットに腰掛けながら相手にそう言って、少し拗ねたような態度を取り。今の服装は寝間着の緩いワイシャツを一枚と、下に履いた下着だけ。いつ襲われてもおかしくない状況なのに平然としているのはなぜだろうか。)   (3/29 22:38:38)

阿修羅/フォ-ルブラックいえ…そう言うわけには行きませんな。(なんて、事を言い、此方を見ておらず、椅子に座っており、机には難しい記号や数式などばら撒いており、「早く寝なさい、」と、言葉をかけて)   (3/29 22:41:29)

進/シルヴィアえぇ…それじゃあどうしたら良いんですか。(そう言いながら少し拗ねたようにぷくっと頬を膨らませ、少し不貞腐れたのか「…もういいです、先生が寝るまで絶対起きてますから。」と意地を張って呟いて。)   (3/29 22:44:36)

阿修羅/フォ-ルブラック…ふぅ、構ってほしいのです…か…!?(彼女の服装を見て、少し頬を赤くする。「学校が無いとはいえ風紀は守るべきかと…」と、呟き、もし彼の欲が抑え切れなかったら特別授業をする気だ…)   (3/29 22:46:02)

進/シルヴィア風紀?ここはお家ですもん。気が抜けていたって構わないでしょう?(自分の服装を見て頬を赤くする相手を見ると少しにまっと笑い。体の年齢は未成年のままだが、体付きは成熟したい大人の女性そのもので。特に目立つ胸は、男の理性を吹き飛ばす凶器になり得るほどで。)   (3/29 22:50:42)

阿修羅/フォ-ルブラック…えぇ。そうでしたな…(頬を赤くしており、彼女の目立つ胸を見れば、頬を赤くする、)   (3/29 22:52:38)

進/シルヴィア…先生?どうしたんですか?(頬を赤くする相手を見るとにんまりと笑い、足を組んで誘うような仕草を取り。足の隙間からは黒レースの下着が垣間見え、エロチックな雰囲気を漂わせる。)   (3/29 22:54:38)

阿修羅/フォ-ルブラック…いえ…何でも…(足を組んで誘う様な仕草をとる彼女を見れば、頬を赤くする)…唐突ですが、もし私が性教育を始めようと言ったら、…どうしますか…?(小さくそう言い、)   (3/29 22:55:54)

進/シルヴィア…そうですか。(そう言いながらにまりと笑い、相手の問いにこう答える。)…?受けるに決まっているじゃないですか。先生の授業なら何だって嫌がらずに受けますよ。(唐突な彼の問いにそう答えると、足を戻して。)   (3/29 22:59:01)

阿修羅/フォ-ルブラック…!?そう、ですか…なら、少し特別授業と行きましょうか…(なんて、静かにそう言い、)   (3/29 23:01:03)

進/シルヴィアはい、分かりましたけど…一体何を?教材などがおいてある雰囲気ではないですし…。(少し特別授業と行きましょうか、と言われるとそこまでは疎かったのかそう呟いて。どうやら誘いは無自覚らしく。)   (3/29 23:03:04)

阿修羅/フォ-ルブラックいえ…教材は必要ありません。(なんて、そう言い、彼女に近づく。)   (3/29 23:07:09)

進/シルヴィア…?どういう事ですか?(彼が近づいてくることになんの警戒心も持たずそう呟き、無防備に隙を晒しながら首を傾げて)   (3/29 23:08:59)

阿修羅/フォ-ルブラック隙は丸出し、ですね…(と、彼女を押し倒し、)今回は性教育を施すつもりです…   (3/29 23:11:44)

進/シルヴィアっ…!?先生、何を…(突然相手にベットへと押し倒されると少し驚き、彼の顔を見上げて。)性教育…初めての授業ですね…分かりました。   (3/29 23:14:19)

阿修羅/フォ-ルブラックはい。初めての授業ですよ…ふふ…(なんて、微笑み、先ずは唇を重ねようとして)   (3/29 23:16:12)

進/シルヴィア…頑張ります、…っう…!?(彼の微笑みを見るとそう言うも、彼の唇と自身の唇が重ねられると、非常に驚くものの拒むことなく彼の唇を受け入れて。)   (3/29 23:19:04)

阿修羅/フォ-ルブラックんっ……(そのまま唇を重ね合い、舌を入れようと)   (3/29 23:21:50)

進/シルヴィアんっ、んんっ…(自身の口内に舌が入ってくるとぴくっと身体を跳ねさせては自分も舌を入れ。真っ赤に頬を染め上げながら口づけを続けていると、興奮してきたのか身体が熱くなり、身体の節々が興奮に影響されたのか疼き始め。)   (3/29 23:25:19)

進/シルヴィア((申し訳ないっ、急いで風呂行ってきますっ…!!   (3/29 23:25:34)

阿修羅/フォ-ルブラックんっぅ…(このまま舌を入れ、絡めあう。頰が赤くなり、静かに胸を触り)   (3/29 23:30:37)

進/シルヴィア((ただいまですっ…!   (3/29 23:38:14)

阿修羅/フォ-ルブラック((お帰りです、!   (3/29 23:39:27)

進/シルヴィアんっ、はぁっ…あっ…!!(彼と舌を絡め合いながら甘い口づけを交わし、ぴくぴくと震え。胸に触れられる感触があるとびくんっと大きく身体を跳ねさせ、頬を赤くしては口から甘い喘ぎ声が漏れ出して。)   (3/29 23:40:34)

阿修羅/フォ-ルブラックんっ…っ…(と、苦しそうなのか、胸を触りながら、そのまま口を離して)   (3/29 23:44:26)

進/シルヴィアっあ…んっ…!(甘い口づけが終わると少し寂しそうにするも、胸に走る初めての快感にぴくぴくと震えて。目をきゅ、と閉じては初めて感じた快楽に息が上がっていて。)   (3/29 23:47:17)

阿修羅/フォ-ルブラックっん……(このまま胸を鷲掴みにし、頬を撫でて、)   (3/29 23:52:36)

進/シルヴィアあんっっ!!せんせっ…(自分の意思とは関係なしに大きく育った柔らかい胸が、形を大きく変えるほどに掴まれている。頬を撫でられるのと同時に胸を掴まれたのでつい喘ぎ声が大きくなり、頬を赤くしていて。快感と恥ずかしさと興奮が入り混じり、薄いワイシャツの上からでも乳首が固くなっていることが分かり。)   (3/29 23:55:44)

阿修羅/フォ-ルブラックとても、…大きいですな…(そう言い、胸を揉み、片手で撫でるのをやめ、秘部に触れようと)   (3/29 23:57:07)

進/シルヴィアじ、自分の意思とは関係なしに育ったんですからっ…んっ、あんっ…!(胸を揉まれると柔らかい胸は彼の手に吸い付くように形を変え、揉まれている快感で彼女は甘い声を出す。秘部に彼の手が近づいている事に気がつくも、快楽で体が思うように動かず。処女の為か快楽に慣れておらず、先程のキスと現在の胸をいじられていることによってか、黒レースの下着は上から見てもわかるほど愛液でどろどろになっていて。)   (3/30 00:02:09)

阿修羅/フォ-ルブラックそれは分かっています…(そのまま揉み続け、秘部にそのまま触れて)   (3/30 00:05:21)

進/シルヴィアあんっ、せんせっ…だめぇっ、二箇所一気に責めちゃっ…!(胸を揉まれながらも敏感になった秘部に彼の手が触れる感覚があるとびくっと強く反応し。秘部は下着越しにも関わらずとろとろと愛液を垂らし続け、彼の指をしっとり濡らし。)   (3/30 00:08:00)

阿修羅/フォ-ルブラックふふ…その方が気持ち良いのでしょう…?(そう言い、胸を揉み、秘部で片手の指が濡れれば、静かに秘部を撫で)   (3/30 00:14:14)

進/シルヴィアだっ、駄目なものは駄目ですっ…!あんんっ!!ふぁあっ…(胸を揉まれながらそう反論するも、体は明らかに嬉しそうに彼からの愛撫で興奮し体を悦ばせていて。秘部を撫でられるとがくがくと足が震え、体が熱くなり力が抜けていくのを己で感じ取り。)   (3/30 00:17:14)

阿修羅/フォ-ルブラック口で言っていますが、身体はそうでもないらしいですな…(そう言い、、胸をそっと揉むのをやめ、次は指で下着をずらして、指で入れようとしでー   (3/30 00:19:25)

阿修羅/フォ-ルブラック(( ( として)でした()   (3/30 00:19:40)

進/シルヴィアんっ、そこはだめっ、やめてくださっ…!(胸を揉む手が止まり、秘部の部分の下着がずらされる感覚。このままでは自分がはしたなく秘部を濡らしていることがバレてしまう。なんとかその自体を避けようとするも時既に遅し、彼の太い指は処女である己の秘部の中に入ってきていて。まだ誰にも汚されたことのない秘部に指が入ってきた恐怖と、同時にぬるりと中が押し広げられては締まっていく快感に襲われ「ひゃうううっ!?」と甘い声を漏らし、びくびくと頬を赤くし必死に耐えていて。)   (3/30 00:25:40)

阿修羅/フォ-ルブラックふふ…気持ち良いでしょう…?(と、このままそう言い、秘部をそのまま指に入れ、抜き差しして)   (3/30 00:30:29)

進/シルヴィアあんっ!!やめてっ、今すぐ抜いてくださっ…!!ひぁあっ!!あぁあ…(秘部に指を入れ、更に抜き差しされるというこれまでに無いような快楽を感じたのか、激しく喘ぎながら秘部の中をきゅんきゅんと締め付けていて。口ではやめてほしいと彼に告げるも、体は熱く興奮しきっているのか秘部の中で動く彼の指に秘部の中はぬるぬると絡みついて。)   (3/30 00:34:45)

阿修羅/フォ-ルブラックそんなに露骨に嫌がられては、より虐めたくなりますな…(そう言い、少し激しく抜き差しをして)   (3/30 00:40:16)

進/シルヴィアひぁああっ!!だめっ、なにかきてますっ、このままじゃ達しちゃうぅ…!!(より虐めたくなると言われ、激しく抜き差しされるとびくびくと震えていて。そろそろ快感が絶頂に達してしまいそうなのか、きゅうううっとより一層秘部の中が締まり、つま先がクイッと曲がって。)   (3/30 00:43:55)

阿修羅/フォ-ルブラック達しても構いませんよ…(なんて、事を言い、少し奥深くに指を入れて)   (3/30 00:47:15)

進/シルヴィアっう!?んあぁあっ!!(達しても構わないと言われ、指が子宮口からほんの少し離れたところに触れると思わず耐えきれないほどの快感が来てしまい、そのまま顎をぐいっと上げると秘部上の突起と秘部の中からぶしゃあっと大量の愛液を噴き出して達してしまい。)   (3/30 00:52:06)

阿修羅/フォ-ルブラックふふ…達してしまいましたな…(なんて、微笑み、そのまま彼女を優しく撫でて)   (3/30 00:53:20)

進/シルヴィアあぁあっ…せんせぇえ…♡(達してしまい快感に飲まれながら撫でられると、トロトロに溶けた瞳で相手を物欲しそうに見つめ。この間も秘部)   (3/30 00:55:21)

進/シルヴィア((途中…!   (3/30 00:55:29)

進/シルヴィアあぁあっ…せんせぇえ…♡(達してしまい快感に飲まれながら撫でられると、トロトロに溶けた瞳で相手を物欲しそうに見つめ。この間も秘部はきゅんきゅんと愛液を垂らし、なんとも淫乱で。)   (3/30 00:56:23)

阿修羅/フォ-ルブラックふふ…気持ち良さそうですな…さて、そろそろ私のを欲しいのですかな?(そう言い、)   (3/30 01:01:37)

進/シルヴィアんっっ、ほしいっ、ほしいですぅ…♡先生ので、私のここをぐちゃぐちゃにしてくださいね…♡(そろそろ私のが欲しいのですかな、と言われるとこくんと頷き、処女でありながらくぱぁっと秘部を指で開いて。中は処女だと分かるほどキツく。)   (3/30 01:04:20)

阿修羅/フォ-ルブラックふふ…分かりました…(と、そう言い、ふぁさ、と自分の下を脱ぎ、露出して)   (3/30 01:06:06)

阿修羅/フォ-ルブラック((んん…そろそろ眠くなって来ました…眠気が限界に近いのでそろそろ眠るとします…!レス蹴りすみません…!お相手感謝です…!では…、!   (3/30 01:09:20)

おしらせ阿修羅/フォ-ルブラックさんが退室しました。  (3/30 01:09:49)

進/シルヴィア先生の…♡(分かりました、と言ってくれた相手を見て恍惚な笑みを浮かべ、処女の割に挿入を楽しみにしていて。)   (3/30 01:10:47)

進/シルヴィア((了解ですー!長々とお相手感謝です!おやすみなさい、良い夢を…!   (3/30 01:11:21)

おしらせ進/シルヴィアさんが退室しました。  (3/30 01:11:24)

おしらせ進/シルヴィアさんが入室しました♪  (3/31 21:42:42)

進/シルヴィア((しゅばっ…   (3/31 21:42:55)

おしらせ阿修羅/フォ-ルブラックさんが入室しました♪  (3/31 21:43:49)

阿修羅/フォ-ルブラック((んんん遅れてすまない…!!   (3/31 21:44:02)

進/シルヴィア((全然大丈夫ですよっ!   (3/31 21:45:13)

阿修羅/フォ-ルブラック((それなら良かったです…!!!   (3/31 21:47:19)

進/シルヴィア((いえいえっ…!   (3/31 21:47:33)

阿修羅/フォ-ルブラック((それでは、返しますね…!   (3/31 21:47:37)

進/シルヴィア((おっけーです…!   (3/31 21:47:53)

阿修羅/フォ-ルブラックそろそろ、挿れたいですかな…?(そう言い、静かに微笑み自分のを見せて)   (3/31 21:50:26)

進/シルヴィアんっ、欲しいですっ♡私の処女を、先生ので突き破ってくださいぃ…♡(相手の固く反りたった肉棒を見ると蕩けた顔でそう言い、頬を赤くし秘部をきゅんっとさせ愛液を垂らしながら挿入を待っていて。)   (3/31 21:53:11)

阿修羅/フォ-ルブラックふふ…分かりました…(なんて、微笑み、静かに秘部に挿れようと試みて、)   (3/31 21:55:37)

進/シルヴィアふあ、ああっっ…!!(秘部の入口辺りまで肉棒が入ってくると、秘部がまだキツイのか苦しそうに息をして。それからぴくぴくと震え、相手の顔を蕩けた目で見つめて「せんせっ、一気に挿れてくださいっ…♡」と甘えた声でおねだりして。)   (3/31 21:59:26)

阿修羅/フォ-ルブラック一気にですか…ふふ、分かりました…!(と、更に強く、一気に挿れて、)   (3/31 21:59:49)

進/シルヴィア…あぁああっ…!!…あっ…ふっ…先生とっ、一つになってるぅう…♡(一気に挿れられると脳裏にぶちっと処女膜が破れる音がし、彼の肉棒が入りきった秘部からはぽたぽたと血液が滴り。最初は痛そうに顔をしかめていたが、少し経って痛みが落ち着くと快楽でとろけた顔になり。)   (3/31 22:07:28)

阿修羅/フォ-ルブラックふふ…可愛いですな…(なんて、微笑み、優しく撫でながら、腰を激しく動かし)   (3/31 22:12:29)

進/シルヴィアああひいいっ♡先生っ、最初から激しくしないでぇえっ♡(頭を優しく撫でられるとびくんっと震え、その直後に秘部の中で大きな彼の肉棒が中を押し広げながら激しく動くとびくびくっと体が悦び、きゅうううっと秘部の中を痙攣させながら締め付けて。感情の中に痛みも入ってはいるのだが、快楽の方が強いのか体を痙攣させながら甘い声で喘いでいて。)   (3/31 22:17:19)

阿修羅/フォ-ルブラックふふ…そう言われれば激しくしてしまいますよ…(なんて、事を言い、腰を強めに動かして、優しく撫でる、)   (3/31 22:24:56)

進/シルヴィアふぁああっ!!そんなぁっ、せんせーは意地悪ですぅっ♡(腰を強めに動かされるとその度に喘ぎ、たぱったぱっと胸が抜き差しの度に大きく揺れて。相手に意地悪だと言うと、少しぷくっと頬を膨らませて。)   (3/31 22:28:33)

阿修羅/フォ-ルブラックふふ…そうですかな…?(なんて、微笑み、腰を強く動かし、胸をそっと触る、静かに微笑みながら腰を動かし)   (3/31 22:33:31)

進/シルヴィアそうですようっ…んんんぅっ♡ふぁあっ!気持ちいいですぅうっ、もっとしてくだひゃいいいっ♡(最初は相手が意地悪だということを認めるも、後に快楽で彼の体に堕ちてしまったのかびくぅっとしてはもっとしてもっとしてと淫乱な言葉で彼にそう求め。胸が触られるとぴくっと体が震え、胸が彼の手に吸い付いて。)   (3/31 22:39:56)

阿修羅/フォ-ルブラックふふ…なら、もっとしてあげますね…(なんて、強く腰を打ちつけ、胸をそのまま鷲掴みにし、微笑み)   (3/31 22:45:02)

進/シルヴィアあひぃいいっ♡せんせー大好きっ、大好きですぅ♡ひぁあんっ!せんせっ、私の事好きですかぁあっ…?ふぁああ♡(強く腰が打ち付けられると秘部の中もぎゅうぎゅうと締まり、胸を鷲掴みにされるとびくびくっと震えて。頬を赤くしながら甘い声を漏らし、彼の肉棒とかの秘部の間からはとろとろとどちらのものとも言えない液体が溢れていて。)   (3/31 22:54:32)

阿修羅/フォ-ルブラックふふ…大好きですよ…?心の奥底から……(なんて、そういい、胸を鷲掴みにして、腰を激しく強く打ちつけて、そろそろ出そうになり、先が膨らむ、)   (3/31 22:56:43)

進/シルヴィアあんっ♡ほんとですかっ、ありがとうございますぅっ♡あひぃっ♡(相手から大好きですよ、と言われると蕩けた顔で嬉しそうに笑い。胸を鷲掴みにされながら腰を激しく強く打ち付けられると2箇所が一気に責められて得られた快楽に甘い声で激しく喘ぎ。先が膨らんだ彼の肉棒を秘部の中はぎゅぎゅっと締め付け、快楽を貪って。)   (3/31 23:00:34)

阿修羅/フォ-ルブラックふふ…良いって事ですよ…さて、そろそろ出そうですが…良いですか…?(と、そう言い、腰を激しく打ちつけながら、そう答えて)   (3/31 23:06:18)

進/シルヴィアふぁああああ♡せんせーの子種なら沢山出してもらっても良いですぅっ♡せんせーの子種を沢山私の中に出して、私を孕ませてくださいぃっ♡(腰を激しく打ち付けられながらそう言われると必死にこくこくと頷き、快楽に体を悦ばせながら、秘部の中をぎゅうううっと締め付けて射精を促し。)   (3/31 23:11:00)

阿修羅/フォ-ルブラックふふ…分かり…ました…ッ!!!(彼女の言葉を聞けば、そのまま教え子の中に思い切り中に出して)   (3/31 23:15:47)

進/シルヴィアふぁああっ♡せんせぇええええっ♡(教師である彼の肉棒から吐き出された子種を中はきっちりと受け止め、最後まできちんと子種を受け止めようと肉棒に吸い付いて隙間を無くし、ぎゅうっと締め付けて最後まで大切な子種を搾り取って。)   (3/31 23:22:03)

阿修羅/フォ-ルブラックふふ…んっ……(そのまましっかりと出し切り、一滴残らず出して)   (3/31 23:24:38)

進/シルヴィアふぁあ…先生とイケない関係になっちゃったぁ…♡(子種が秘部の中に出し切られるとぴくんと反応し、それから頬を赤くし、ぴくぴくっと体を痙攣させながらそう呟いて。)   (3/31 23:27:44)

阿修羅/フォ-ルブラックその様…ですな……(なんて、頬を赤くして、息を荒くし、優しく撫でてあげて)   (3/31 23:29:45)

進/シルヴィアんっ♡この関係は公にはできませんね…えへへ。(優しく撫でられると嬉しそうにし、頬を赤くすると恥ずかしそうにそう呟いて。)   (3/31 23:31:51)

阿修羅/フォ-ルブラックですな…私と貴方だけの秘密と言うことにしましょう…(なんて、事を言い、優しく微笑み、撫でてあげて)   (3/31 23:37:16)

進/シルヴィアはい。先生と秘密の関係を持ってる事がバレないようにしないとですね…(そう言いながらふふっと笑い、彼の撫でる手を心地よさそうに受けて)   (3/31 23:42:38)

阿修羅/フォ-ルブラック((あっぶ、スマホがおかしくなったと思った…   (3/31 23:47:53)

阿修羅/フォ-ルブラックですな…これは絶対に言ってはいけない秘密ですからな…(と、優しく撫でて、静かな笑みを浮かべて)   (3/31 23:48:23)

進/シルヴィアはい、勿論です。あの…先生、…も、もう一度だけ口づけをしてもらっても大丈夫ですか…?(彼の優しい手を受け、相手の笑みに釣られてこちらも笑い。それからかぁあっと照れながら彼にそう言い、口づけを求めて。)   (3/31 23:52:55)

阿修羅/フォ-ルブラックふふ、大丈夫ですよ。(なんて事を言い、静かに口付けをして)   (3/31 23:57:40)

進/シルヴィアんっ…えへへ…(静かに口づけが施されるとふふっと笑い、嬉しそうにしていて)   (3/31 23:59:42)

阿修羅/フォ-ルブラックん…ふふ…(なんて、静かに此方も微笑み、優しく頬を撫でてあげて)   (4/1 00:03:48)

進/シルヴィア先生…大好きですよ。これからも、ずっと…(そう言いながらふふっと笑い、優しい手を受けて)   (4/1 00:04:29)

阿修羅/フォ-ルブラック私もです…大好きですよ。これからも…(なんて、微笑み、優しく頭を撫でてあげて)   (4/1 00:08:57)

進/シルヴィアえへへ…ありがとうございます。(そう言いながらにこりと笑い、頭を撫でられると眠くなってきたのかこっくりこっくりとし始めて)   (4/1 00:12:36)

阿修羅/フォ-ルブラックふふ、良いって事です…(眠たくなって来たのかなと思い、優しく撫でてあげて、微笑みを見せt   (4/1 00:13:49)

進/シルヴィア先生…ぎゅーってしてください…そのまま…寝ちゃうので…(ぼんやりと眠そうな目をすると彼に抱擁を求め、腕を広げて。優しく撫でられるとうとうととし、目が半開きになっていて)   (4/1 00:15:21)

阿修羅/フォ-ルブラックふふ、分かりました…共に眠りましょう…(なんて、事を言い、優しく彼女を抱擁する、静かに優しく撫でて)   (4/1 00:16:57)

進/シルヴィアん…せんせ…だいすき…で…(優しく抱きしめられ、撫でられると眠気が頂点に達し。相手に「大好き」とだけ言うとすや、と眠りに落ちて。)   (4/1 00:18:15)

進/シルヴィア((ほあっ申し訳ない、お風呂入れと言われたので落ちますね…!お相手感謝です〜!   (4/1 00:19:07)

おしらせ進/シルヴィアさんが退室しました。  (4/1 00:19:11)

阿修羅/フォ-ルブラック((と、了解です!此方も返して寝るとします…   (4/1 00:22:04)

阿修羅/フォ-ルブラック私もです…お休みなさい。(なんて、静かに言い、此方も眠りにつく、)   (4/1 00:22:22)

阿修羅/フォ-ルブラック((では、   (4/1 00:22:24)

おしらせ阿修羅/フォ-ルブラックさんが退室しました。  (4/1 00:22:28)

おしらせ進/シルヴィアさんが入室しました♪  (4/5 16:54:17)

進/シルヴィア((よいしょ…   (4/5 16:54:25)

おしらせ阿修羅/フォ-ルブラックさんが入室しました♪  (4/5 17:13:35)

阿修羅/フォ-ルブラック((っと、…すみません、遅れ、ました……   (4/5 17:13:50)

進/シルヴィア((大丈夫ですよ…!お気になさらないでください…!   (4/5 17:14:08)

阿修羅/フォ-ルブラック((ん、それならば良かったですっ、…   (4/5 17:14:55)

進/シルヴィア((いえいえっ…!   (4/5 17:15:07)

進/シルヴィア((ええと、考えてたシチュエーションですが…教師と教え子と言う事で、学園で訓練してた時にシルヴィアちゃが怪我しちゃって、フォールせんせが保健室で手当てしてから欲が抑えきれなくなってそのまま保健室のベットでどーちゃらこーちゃらって感じのですね…ううむ、我ながら語彙力が…   (4/5 17:18:05)

阿修羅/フォ-ルブラック((え   (4/5 17:19:53)

阿修羅/フォ-ルブラック((っと、誤爆してしまいました…、成る程、成る程、…やってみます…、?   (4/5 17:22:10)

進/シルヴィア((大丈夫ですよ…!良いんですか…?やってみましょ…!   (4/5 17:23:28)

阿修羅/フォ-ルブラック((ん…と、良いんですよ、やりましょ、…   (4/5 17:27:39)

進/シルヴィア((はい…!ありがとうございます…!   (4/5 17:28:51)

阿修羅/フォ-ルブラック((いえいえ…では、出だしはどうします…?   (4/5 17:30:22)

進/シルヴィア((出だし、宜しければお受けしますよ…!   (4/5 17:30:36)

阿修羅/フォ-ルブラック((あっ、お願いします、…   (4/5 17:32:31)

進/シルヴィア((はい、お任せくださいっ…!では、書きますね…!   (4/5 17:33:10)

阿修羅/フォ-ルブラック((ん、有難う御座います…   (4/5 17:36:54)

進/シルヴィア…っう…(痛そうに怪我した腕をさすりながら、椅子に座っているのは一人の少女だ。どうやら魔道の訓練中に誤って怪我をしてしまったらしく、その顔は少し悔しそうな顔をしていて。)   (4/5 17:38:37)

進/シルヴィア((ええと、体調の方、大丈夫ですか…?あまり無理はなさらないでくださいね…   (4/5 17:41:42)

阿修羅/フォ-ルブラック((ん、大丈夫ですよ、…気にしないで下さると良いです…   (4/5 17:45:27)

阿修羅/フォ-ルブラック…ん…(怪我をした彼女を少しと、見つめる。)…怪我をしたのですか…?   (4/5 17:46:08)

進/シルヴィア((分かりました…ですけど、お体に気をつけて…何かあったら大変ですから…   (4/5 17:46:39)

阿修羅/フォ-ルブラック((ん…有難う御座います、…   (4/5 17:48:04)

進/シルヴィア…はい…久しぶりに上級魔法を扱ったところ、体が鈍っていたのか…(そう言いながら己の教師の問いにこくりと頷き、面目ないです、とその後に小さな声で付け加え。)   (4/5 17:48:38)

進/シルヴィア((いえいえ…!   (4/5 17:48:41)

阿修羅/フォ-ルブラック…そうなのですか、…(なんて、そう言い、静かに見つめ、言う…「…困った無能がいたものですね。」と、小さく言い)   (4/5 17:50:36)

阿修羅/フォ-ルブラック((有難うございます…   (4/5 17:50:42)

進/シルヴィアはい…(そう言いながら相手から小さく無能と言われると少し歯を食いしばり、それから小さく面目、ないです…と呟いて。)   (4/5 17:52:01)

阿修羅/フォ-ルブラック…はぁ、…(なんて、ため息をつき、面目ないと、言う彼女を見れば、「…言い逃れのつもりですか。それは。」と、吐き捨て)   (4/5 17:55:45)

進/シルヴィア…分かりました、私は無能で構いません。ですが…申し訳ないとは思っています。貴方の教え子として…(言い逃れのつもりですか、と言われると少しむっとし、真剣な表情でそう返し。それから後に謝り、少し頭を下げ。)   (4/5 17:59:27)

阿修羅/フォ-ルブラック…チッ。、(なんて、申し訳ないと思っています、と言う彼女を見れば、、静かに見つめ、むっとする彼女を見れば、苛立ちを見せた目をして)……その顔は何ですか。…その顔で無能で構いませんですと…?ムカつくんですよ。その目。ただ言える事は…さっさとしね。   (4/5 18:03:00)

おしらせ阿修羅/フォ-ルブラックさんが退室しました。  (4/5 18:03:21)

おしらせ阿修羅/フォ-ルブラックさんが入室しました♪  (4/5 18:03:43)

阿修羅/フォ-ルブラック((ん、…っと、間違えて押してしまった、…   (4/5 18:03:55)

進/シルヴィア……(己の教師から散々に言われると、心が折れかけ苦しくなるだけで。段々と言う言葉が無くなり、真剣な表情も、威勢があった声も全て無くなり。)   (4/5 18:08:09)

進/シルヴィア((あら、大丈夫ですよ…!一括です…!   (4/5 18:08:19)

阿修羅/フォ-ルブラックチッ。…忌々しい。とっとと失せて下さい。目障りだ。それとも怪我をして自分が可哀想だと屑みたいな考えをしているつもりか?(そう吐き捨て)   (4/5 18:09:49)

進/シルヴィア……そうですもんね。私じゃ先生には及ばない。ただの屑ですから…私なんか、死ねばいいんですよね。(相手からそう吐き捨てられると苦しそうに涙を溢しながら笑い、即死魔法を自身にかけようと魔導書を躊躇う事無く開き始め。)   (4/5 18:15:58)

阿修羅/フォ-ルブラックそうですよ……そのまま死ね。(心無い暴言を吐き、即死魔法をかけようとする彼女を見れば、静かに邪魔する事なく見つめ)   (4/5 18:19:31)

進/シルヴィア…先生…お願いします、一度だけで良いから、愚者で屑な私を…許してください…(即死魔法をかけようとしながら、その最中に静かに何も思っていないであろう無機質な声でそう呟き。だが苦しいと言うのは紛れもない事実で、許されたいと言うのも事実だった。)   (4/5 18:22:49)

阿修羅/フォ-ルブラックチッ…腹立たしい。(なんて、そう言い、許して下さいと言う彼女を見れば)…この期に及んで命乞いですか?   (4/5 18:24:13)

阿修羅/フォ-ルブラック((…はっ。全く違うシチュだな……   (4/5 18:24:30)

進/シルヴィア…許してくれなければそれで構いません。ただ…先生に突き放されるのが辛いだけです。(そう言いながら静かに自嘲するような笑みを浮かべ、小さくそう呟き。)   (4/5 18:25:47)

進/シルヴィア((…すみません。私がシチュエーションずらしましたもんね。自分から提案した割に守れてなくて、ただの馬鹿ですね。すみません。   (4/5 18:26:23)

阿修羅/フォ-ルブラック……チッ。…自分の手で殺さなければ駄目みたいですね。ゴミクズの分際で。(なんて、呟き近づく。その時にがっ、と片手で首を掴み)   (4/5 18:27:46)

阿修羅/フォ-ルブラック((…違うんだよな。明らかに自分が変な方向に向いたせいだ。…何なんだよ、本当に…何なんだよ…   (4/5 18:28:13)

進/シルヴィアっぐ…(相手に首をがっと掴まれるとほんの少し苦しそうにするも、自分が悪い事を理解しているのか一切抵抗せず。)   (4/5 18:29:35)

阿修羅/フォ-ルブラック…抵抗しないですか、…貴方みたいな目障りな屑はそのまま死んだほうがマジですよ。(掴む力を強くし、明らかに何処か様子がおかしい様で、)…何様なんですか。本当に。あなたは。クズの分際で…   (4/5 18:31:12)

阿修羅/フォ-ルブラック((…なんなんだよ、これよ。…最低じゃん、自分、….本当に何なんだよ…何なんだよ、これ…   (4/5 18:32:18)

おしらせ阿修羅/フォ-ルブラックさんが退室しました。  (4/5 18:32:21)

進/シルヴィア((…すみません。お疲れ様です。   (4/5 18:32:38)

進/シルヴィア((…私って屑なんだな。   (4/5 18:32:51)

おしらせ進/シルヴィアさんが退室しました。  (4/5 18:32:53)

おしらせ阿修羅/ゲヌスさんが入室しました♪  (4/7 18:26:01)

阿修羅/ゲヌス((ゲヌスに合う色って何だろ?(()   (4/7 18:26:11)

おしらせ進@ギジェンさんが入室しました♪  (4/7 18:26:26)

阿修羅/ゲヌス((いらっしゃいませーっ…!!!(   (4/7 18:26:41)

進@ギジェン((ギジェンちゃんは超安定の髪色!(()   (4/7 18:26:45)

進@ギジェン((いらっしゃいました~!   (4/7 18:26:54)

阿修羅/ゲヌス((綺麗な色っすね(()((いらっしゃいませーっ…!!   (4/7 18:28:40)

進@ギジェン((正直髪色辺りしか覚えてないです(()((いらっしゃいましたっ!   (4/7 18:29:04)

進@ギジェン((さて、シチュエーションどうしますー?   (4/7 18:29:10)

阿修羅/ゲヌス((シチュ…ううむ、悩み難い…此方はいちゃらぶか、甘やかしプレイか、…諸々、ですかね、…(其方の希望は有りますかなっ…?   (4/7 18:30:44)

進@ギジェン((ですね…!なんだろ、語彙力が無くて説明できないですが…こう、ギジェンがちょこっと不満になってゲヌスの飲み物に媚薬混ぜてから一回抜いて、それからギジェンが下の対面座位…的な…(語彙力)   (4/7 18:34:02)

阿修羅/ゲヌス((あっ、何それ、好き…やりますっ…??(((((   (4/7 18:34:38)

進@ギジェン((ほぁっ、嬉しいです…!やりましょ…!!((((   (4/7 18:35:01)

阿修羅/ゲヌス((やりましょ、!!出だしはどうしますかな…?   (4/7 18:36:32)

進@ギジェン((はいっ!!宜しければお受けしますよ!   (4/7 18:37:23)

阿修羅/ゲヌス((お!なら、お願いしますっ…!!(   (4/7 18:41:12)

進@ギジェン((了解です!書きますねー!   (4/7 18:42:23)

阿修羅/ゲヌス((はーいっ、!!   (4/7 18:43:17)

進@ギジェン…ふぅ…(静かな夜、彼女は自身が想う恋人の為にココアを入れていた。但し、恋人相手のココアにはかなり強めの媚薬を混ぜている為やる事は目に見えていて。恋人の方のココアに媚薬を溶かし込み、見えなくなるまで溶かすと確認の為に少しだけ啜った。媚薬の効果がある事を確認し少し身震いすると、何事もなかったかのように平然と振舞いながら相手の部屋へ向かった。片手にココアが二つ乗ったお盆を持ちながら彼の部屋の扉を叩き、それから落ち着いた声で「ゲヌス?起きていますか…?」と問いかけて。)   (4/7 18:47:18)

阿修羅/ゲヌス…(なんて、ちょっと考え事をしてる時に、彼女が自分の部屋の扉をたたく音がして、そんな彼女の落ち着いた声を聞けば、安心気味にこう言う)…うん、…起きてる…   (4/7 18:48:50)

進@ギジェン良かった、安心しました。(起きてる、と言う彼の返答を聞くと「お邪魔しますね」と言いながら扉を開け、中に入って。扉を閉めると近くの机にココアの乗ったお盆を置き、優しく相手の頭を撫で。)   (4/7 18:52:15)

阿修羅/ゲヌスうん、…(なんて、中に入る彼女を見れば自分にとって、心の底は、嬉しかった。頭を撫でられては、嬉しそうに撫で受けして、)   (4/7 18:53:08)

進@ギジェン眠れないかなと思い、ココアを入れてきたのですが…宜しければ飲みますか?(嬉しそうに撫で受けする彼を見てはそう言い、入れてきたココアが冷めない内にと思ったのか彼にそう問いかけて。)   (4/7 18:55:37)

阿修羅/ゲヌス良いの…?飲み、たいな…(なんて、事を言い、そのままココアの乗ったお盆を見て、これなのかな…?と、言い)   (4/7 18:56:27)

進@ギジェンええ、良いんですよ。(そう言いながらこれなのかな…?と言う彼にこくりと微笑みながら頷き、媚薬が入った方のココアを平然な素振りをして手渡そうとして。それから媚薬の入っていないココアを取ると、ベッドにでも座って飲みましょうか、と相手に言い。)   (4/7 18:59:21)

阿修羅/ゲヌス有難う…(なんて、そのまま受け取り、ベッドにでも座って飲みましょうか、と、言う彼女を見れば、「うん、分かった…」と、言い、彼女の隣に座り)   (4/7 19:01:32)

進@ギジェンふふ、良いんですよ。(そう言いながらふふっと笑い、ココアを一口啜って。)   (4/7 19:02:34)

阿修羅/ゲヌスうん…(なんて、微笑み、同じくココアを静かに飲み、媚薬が入ってる事には気付いてなく)   (4/7 19:04:58)

進@ギジェンふふ、喜んでくれるゲヌスを見ると嬉しくなります。(そう言いながらふふっと笑い、ココアを疑う事無く飲んでいる相手を見ては少しずつ気分が高揚してきて。)   (4/7 19:06:32)

阿修羅/ゲヌスふふ、それなら、嬉しいな…(なんて、そのまま飲み干す、始めは少し若干変な気分になるが、全く気にしてはない、)   (4/7 19:08:08)

進@ギジェンいえいえ。良いんですよ…(そう言いながらふふっと笑い、手始めに頭を撫でながら耳元で優しく囁いてみて。)   (4/7 19:10:08)

阿修羅/ゲヌスっ…!?(耳元で優しく囁かれ、撫でられる、嬉しそうに撫で受けするも、効果が効き始めたのか、身体が火照り、息を荒くして)   (4/7 19:11:54)

進@ギジェン…どうしたんですか?(そう言いながらふふっと笑い、さわ、と首筋を優しく撫でてみて。)   (4/7 19:14:18)

阿修羅/ゲヌスっん…!?(何でもない、と強がり言い、さわ、と首筋を優しく撫でられてはびくびく、と震え、自身のがそっと膨らみ)   (4/7 19:15:36)

進@ギジェンあら…ふふ、興奮しているんですよね?(何でもない、と言う彼を見るとふふっと笑い、彼の肉棒が膨らんでいる事に気が付くと肉棒を衣服の上からさわさわといやらしげに撫でて。)   (4/7 19:17:30)

阿修羅/ゲヌスっ…して…いない…(そう強がって言い、さわさわと、いやらしげに撫でられてはびくびく、と震え、)   (4/7 19:18:23)

進@ギジェン嘘はよくありませんよ。(そう言いながらふふっと笑い、相手を片腕で胸へと抱きしめて。撫でられることでびくびく震えている事に気がつくと、もう片方の手で興奮を煽る様に撫で続けて。)   (4/7 19:21:43)

阿修羅/ゲヌスぁっ…っっう…(胸へと抱きしめられ、息を荒くする、撫で続けられ、ビクビクと震えて、息を荒くして)   (4/7 19:23:26)

進@ギジェン…ゲヌスは、私にどうされたいですか?(わざとらしくそう言いながらにこりと妖艶に笑み、一旦撫でる手を止めて。息を荒くする彼を見ると額にキスを施し。)   (4/7 19:25:32)

阿修羅/ゲヌス…っ、…(どうされたい、と、聞かれれば、彼はこう言う、)…このまま…気持ち良く…出させて欲しい…な…(なんて、そう言い、胸にすり寄ってそう言う。撫でる手を止める所を見れば、少し寂しげに擦り寄る、、額にキスを施されれば、頰を赤くして)   (4/7 19:27:21)

進@ギジェン…えぇ、分かったわ。(そう言いながら寂し気に擦り寄ってきた彼を見るとにこりと笑い、胸じゃ物足りないと思いますし…と呟くと隙を見計らって彼の口にキスをしようとして。)   (4/7 19:30:06)

阿修羅/ゲヌスっ…ん…(口にキスをされ、このまま抱きしめ、キス受けをして)   (4/7 19:31:35)

進@ギジェンんっ…ん…(相手にキスを施しながらするっとズボンを降ろし、反り立っている肉棒を手で優しくしごき始め。)   (4/7 19:37:08)

阿修羅/ゲヌスんんっ……(キスをされ、そのまま舌を入れ、ズボンを降ろされ、優しく扱き始めれば、びくっとして震え)   (4/7 19:37:55)

進@ギジェンふっ、ん…(口内に舌が入ってくるとこちらも絡め、彼の肉棒をぐりぐりと優しく弄り。)   (4/7 19:40:50)

阿修羅/ゲヌスんっ…ふ…(此方も舌を絡め、ぐりぐりと弄られ、びくびくと、震えて)   (4/7 19:41:23)

進@ギジェンんっ、ふ…(びくびくと震える相手を見てはにこりと微笑み、感度が高まった肉棒を弄って。)   (4/7 19:44:40)

阿修羅/ゲヌスっん…(なんて、びくびくと、震えたままで、弄られてはびくびく、と震え、喘ぎ声をそっと漏らし)   (4/7 19:45:18)

進@ギジェンふふっ…(びくびくと震える彼を見ては静かに微笑み、肉棒を扱き続けて。それから少しの間口を離すと「…達したい時に達してくれて良いんですよ。」と妖艶に呟いて)   (4/7 19:49:12)

阿修羅/ゲヌスっんっ……(扱き続けられ、達したい時に達して良いんですよ、と、言われればこう言う、)…んぅっ、わかった…   (4/7 19:50:04)

進@ギジェンふふ、良い子ですね…(彼の言葉にそう言うと、彼の肉棒をぐりぐりと弄り。)   (4/7 19:50:57)

阿修羅/ゲヌスっん…っ…(良い子ですね、と言われ、ぐりぐりと弄られては、こう言う、)…まっ…て、もう、駄目、イキ…そう…(なんて、事を言い、息を荒くして)   (4/7 19:51:39)

進@ギジェンふふ…イっても良いんですよ。(イキそうと言う彼を見てはふふっと笑いながら優しく言い、肉棒をぐりぐりっと強くしごいて射精を促し。)   (4/7 19:58:04)

阿修羅/ゲヌスっ…!!(優しく言われ、ぐりぐりっと、強く扱かれれば、思い切り吐き出し)   (4/7 19:59:20)

進@ギジェンふふ、沢山出ましたね。(どろっと自分の手に付いた子種を見るとふふっと笑い、ぺろりと子種を舐めとって。それから子種の付いていない手で相手の頭を撫でて。)   (4/7 20:01:42)

阿修羅/ゲヌスっ…う…ん…(なんて、息は荒く、自分の吐き出した子種を舐めとる彼女を見れば頰を赤くして、それから撫でられては、撫で受けして)   (4/7 20:06:28)

進@ギジェンでも、ゲヌスもまだ足りないのでしょう?(そう言いながらふふっと笑い、頭を撫でながら肉棒をつんっとつついて。)   (4/7 20:10:02)

阿修羅/ゲヌスっ…っ、うん…(なんて、素直に頷き、つんっと、つつかれ、びくんとして)   (4/7 20:11:56)

進@ギジェンでは、久しぶりに私の中にでも入れてみます?(素直に頷いた相手を見るとにっこりと笑み、ぱさりと下の服をはだけさせて相手を誘い。)   (4/7 20:15:01)

阿修羅/ゲヌスっん…、うん…(なんて、にっこりと笑む彼女を見つめ、相手を誘う彼女を見れば頰を赤くして)   (4/7 20:16:29)

進@ギジェンほら、おいで。対面座位でもしましょうか。そうすれば抱き合いながらできますよ。(そう言いながらふふっと笑い、相手に向かって両手を広げ。)   (4/7 20:18:06)

阿修羅/ゲヌスうん、…そう、だね…(なんて、両手を広げる彼女を見れば、そのまま此方に寄り抱きついて、)   (4/7 20:26:58)

進@ギジェンえぇ、私の元へおいで…(抱き着いてきた彼を見るとふふっと笑い、片腕で抱きしめ。それから片手で自分の下着を降ろし、愛液が滲んでいる秘部をくぱぁっと指で開いて。)   (4/7 20:29:58)

阿修羅/ゲヌスっっ…(このまま此方も抱きしめ、私の元へおいで、と言う彼女を見つめ、滲んでいる秘部を開くところを見て、そのままゆっくりと、中に挿れて)   (4/7 20:31:31)

進@ギジェンっ、ん…ぁあ…(久しぶりに相手の肉棒が中に入ってくるとぴくんと体が跳ね、相手を抱きしめて肉棒が秘部の奥に来るようにして。平然を装いながら頬を赤らめ、ふふっと笑い。)   (4/7 20:38:29)

阿修羅/ゲヌスっっん……(自分も慣れず、此方も相手を抱きしめて、そっ、と腰を動かし)   (4/7 20:39:18)

進@ギジェンっ、はぁっ、んぅ…(相手を抱き返しながら秘部の中で彼の肉棒が動くとびくっとし、僅かに微笑むと優しく頭を撫で。)   (4/7 20:41:55)

阿修羅/ゲヌスっ…んっ……(そのままゆっくりと、動かし、頭を撫でられては、嬉しそうに撫で受けして)   (4/7 20:43:24)

進@ギジェンふふっ、ゲヌス、は…可愛い子、ですね…(そう言いながらふふっと笑い、ゆっくりと動く肉棒を締め付けながら頭を撫で続け。)   (4/7 20:44:46)

進@ギジェン((ご飯食べてきますー!!多分と言うか、絶対機種変すると思いますっ!   (4/7 20:47:19)

阿修羅/ゲヌス((了解ですっ…!.   (4/7 20:51:41)

阿修羅/ゲヌス嬉しいっ…!!(可愛い子、と言われれば、そう嬉しそうに強く抱きつき、少し早めに動かし)   (4/7 20:52:07)

おしらせ進@ギジェンさんが部屋から追い出されました。  (4/7 20:59:43)

おしらせ進.@ギジェンさんが入室しました♪  (4/7 20:59:43)

阿修羅/ゲヌス((一括ですー!   (4/7 20:59:59)

進.@ギジェン((よいしょ、ただいまです!   (4/7 21:00:03)

進.@ギジェンんっ、ふ…ぁあ…ふふっ、可愛いですね…(強く抱きついてきた相手を抱き返し、早めに肉棒が動くと中をぎゅ、と締め付けて。)   (4/7 21:01:52)

阿修羅/ゲヌスっ…んっ…うっ…(可愛いと、言われれば、頰を赤くし、抱き返されれば此方も抱きつき、少し早めに動かす、)   (4/7 21:09:32)

進.@ギジェンふふっ…誰よりも、愛しい…私のゲヌス…(そう言いながら相手を抱きしめながら頬にキスをし、相手の肉棒を締め付けながらふふっと笑んで。)   (4/7 21:12:47)

阿修羅/ゲヌスありが…とう…僕だけの…ギジェン…(と、頰にキスされ、嬉しさのあまり、腰を早めに動かしこう言う、)…んっ、もう、イっちゃっても、…良いのかな…   (4/7 21:14:10)

進.@ギジェンふふ…いいんですよ…(そう言いながらふふっと笑い、相手を抱きしめて。)…えぇ、良いのよ…沢山出して…   (4/7 21:22:55)

阿修羅/ゲヌスうん、わかっ…っっ…!!(なんて、抱きしめられれば、中に思い切りびゅるびゅる沢山出して)   (4/7 21:24:07)

進.@ギジェンんっ、っく…!(沢山の子種が秘部の中に入ってくると秘部はきゅううっと締まって最後まで子種を搾りとろうとして。)   (4/7 21:26:59)

阿修羅/ゲヌスっ…んっ…!!(最後まで搾りとる所を感じれば、思わず、奥まで挿れて、最後の最後まで出し切って)   (4/7 21:30:32)

進.@ギジェンゲヌス…(相手の子種が秘部の中を満たしている事を確認するとふふっと笑い、相手を抱きしめて。)   (4/7 21:36:04)

阿修羅/ゲヌスんっっ…(なんて、抱きしめられ、此方も抱きついて、擦り寄る。)   (4/7 21:36:39)

進.@ギジェンふふっ、可愛いですね…(擦り寄ってきた彼を見ると優しく頭を撫で、ふふっと微笑みかけて)   (4/7 21:41:45)

阿修羅/ゲヌスそう言われると、…嬉しいな…(なんて、事を言い、嬉しそうに撫で受けして、微笑み)   (4/7 21:43:14)

進.@ギジェン良いんですよ。私の可愛いゲヌス…(そう言うとふふっと相手に微笑みかけ、相手を優しく撫でて)   (4/7 21:50:22)

進.@ギジェン((とと、申し訳ない!家事手伝えって言われたので落ちます…!!お相手感謝ですー!!   (4/7 21:51:15)

おしらせ進.@ギジェンさんが退室しました。  (4/7 21:51:18)

阿修羅/ゲヌスっ…ありが…とう……(なんて、そのまま擦り寄り、撫で受けして)   (4/7 21:53:36)

阿修羅/ゲヌス((了解です!此方はそろそろ風呂落ちしますね…!では!   (4/7 21:53:46)

おしらせ阿修羅/ゲヌスさんが退室しました。  (4/7 21:53:48)

おしらせ進/アニエスさんが入室しました♪  (6/29 21:49:46)

進/アニエス((せーっくす!(こいつ((()   (6/29 21:50:14)

おしらせ阿修羅/ブラッディさんが入室しました♪  (6/29 21:54:55)

阿修羅/ブラッディ((うおおおお遅れたすまないー!!   (6/29 21:55:03)

進/アニエス((大丈夫なんだぜ!!!   (6/29 21:55:16)

進/アニエス((早速セックスしますか!!!(((   (6/29 21:55:33)

阿修羅/ブラッディ((良かった!!!   (6/29 21:57:57)

阿修羅/ブラッディ((しまし…ょ!!!((()   (6/29 21:58:03)

進/アニエス((出だしどします!?(()   (6/29 21:58:28)

阿修羅/ブラッディ((出だし、今回任せてもらっても良きですかねっ?()   (6/29 22:00:45)

進/アニエス((もちろん!!書きますぞっ!!   (6/29 22:01:15)

阿修羅/ブラッディ((やった!お願いします!((()   (6/29 22:03:40)

進/アニエス…(夜遅い時間、ぶかぶかな長袖ワイシャツ一枚に下着のみ着た彼女は、自分の復讐相手の部屋に向かっていた。どういう運命なのかは知らないが、同じシェアハウスにいるのだ。…会える内に、言わなければ。)…いる?(銃を持って扉を蹴り飛ばしたい怒りを抑え、静かな声で言う。それから物静かな声で「…いるなら、入るけど。」と言葉を紡いだ。)   (6/29 22:04:48)

阿修羅/ブラッディ…んんッ?(いる?と声が聞こえた。何なんだろうと思い、静かに扉越しから見つめ、こう言う。)…この声、あー…てめぇか。まぁ今は殺す気力もねぇ。入るなら入んな。(そう言い、何処か気力が無さげな声でそう言い、招き入れようと扉を開けて、)   (6/29 22:07:55)

進/アニエス…ん…ありがと…(扉を開けてくれた彼に感謝の言葉を言いかけるも、復讐相手に言う必要はない気がして口を噤もうとするも、礼儀は弁えなければと思ったのかお礼を言い。それから部屋に帰ると、ちょこん、と音も立てずに相手のベットに座り込んだ。)   (6/29 22:10:39)

阿修羅/ブラッディ嗚呼。何もねぇがな…。(礼をいう彼女を見れば、静かに見つめる。だが今の彼は殺意すらもなく、唯酒に入り浸るばかりだった。ベットに座る彼女を見れば、)んで…俺に何か話でもあんの?   (6/29 22:14:25)

進/アニエス…交渉よ。…交渉を、しにきたの。(話でもあんの?という彼を見てはそう言い、相手の返答を待った。)   (6/29 22:20:33)

阿修羅/ブラッディ交渉だぁ?珍しいな…なんだ?金か?(そう思い込み、言ってみる。だが、実際彼女の言う交渉とは何なのか気になっていた。)   (6/29 22:23:13)

進/アニエス…金なんかじゃない。(金か?と言う彼を見ては少し呆れた目をし、それから一息置いて言う。)…簡単な話、対価交換。…貴方は私に、何故家族を殺したのか教えて。…情報なら何でもいい。…その代わり、一回教える度に、私の体を一回好きにしてもいい。…それだけ。(そう言いながらワイシャツを半分脱ぎ、肩を露出させ。服の間からは胸の谷間が見え、欲を煽る。)   (6/29 22:30:09)

阿修羅/ブラッディ対価交換?家族を殺した理由…かァ。まぁ、言ってやるよ。…殺戮の反応に逆らえなかったんだ…。今でもあのナイフを見ると、俺の頭の中で殺せ、殺せ、視界に入る者を残らず殺せ…ってな…(一理ありそうだがそれはただの口実であり、本当は金目当てと殺戮の反応のままに惨殺したらしい。)まぁ俺はよ…人間だろうが天使だろうが悪魔だろうが沢山殺してきたからよ…(ワイシャツを半分脱がせ、肩を露出する相手を見れば頬を赤くして、)   (6/29 22:35:02)

阿修羅/ブラッディ((誤字、反応じゃなくて本能でした、()   (6/29 22:35:27)

進/アニエス…そう。…裏がありそうだけど、今回は認める。(そう言いながらぱさりとワイシャツを脱ぎ置き、下着姿になり。それから相手を甘い声で「…等価交換よ。…私の体を、一回は好きにしていい。」誘惑するようにそう呼んだ。)   (6/29 22:38:14)

阿修羅/ブラッディ…そうだよ…理性を取り戻した時にはてめぇの家族が真っ赤に染まってた…ズタズタに引き裂かれ、無惨にな…。(何処か他人事の様に思える。そんな彼女を見て、驚きを見せる、)…はっ…一回好きにしろ…だと…っ…(頬を赤くし、キョドってんのか…?と小さく呟き)   (6/29 22:41:02)

進/アニエス…そう…(相手の言葉を聞くと少し苦しそうな顔をするも、すぐに平常心を取り戻して言う。)…キョドってる?…そんな訳。…これは等価交換。(そう言いながら相手を見つめ、欲情を煽り。そのままわざと無防備な姿を晒し、襲われようと考えているようだ。)   (6/29 22:44:51)

阿修羅/ブラッディほんとーによ…自分でも痛々しく思えるんだよ…(なんて事を呟いて、静かに見つめ、)…対価交換…か…身体を売るつもりなのか…?(なんて事を言い、欲情を煽る彼女を見れば、ズボン越しから膨らみ、)   (6/29 22:47:04)

進/アニエス…酷い話ね。(まるで他人事のように呟けば、相手をまじまじと見て呟く。)…下手に他人に体を売るよりも、事をすべて知っている貴方に売ったほうが良いと思った。…それだけ。(そう言いながら前屈みに四つん這いになり、ぺろりと舌を出して自分の指を少し舐めてみる。そろそろ、相手の欲が抑えられなくなる筈だ…)   (6/29 22:50:31)

阿修羅/ブラッディ…ああ。全くだよ…(なんて、あたかも仕方のない様な素振りを見せ、)   (6/29 22:51:24)

阿修羅/ブラッディ((うぉっ途中()   (6/29 22:51:28)

阿修羅/ブラッディ…ああ。全くだよ…(なんて、あたかも仕方のない様な素振りを見せ、)そうかよ…しかも復讐相手に売るとか、…すげぇな…いろんな意味でよ…!(なんて、四つん這いになる彼女を見て、舌を出して自分の指を舐める彼女を見て、流石に自身の欲が抑えられなくなり、押し倒そうと試みて、)   (6/29 22:53:10)

進/アニエス…そうね。(そう言いながら何も知らないような仕草を返した。)…やる気に、なってくれたみたいね?(相手に押し倒されるとされるがままの状態になり、彼の顔を見上げた。その瞳は熱を帯び、淫らな雰囲気を醸し出す。)   (6/29 22:56:09)

阿修羅/ブラッディ嗚呼…(此方も他人事の様に肯いて、)…嗚呼、もう我慢ならねぇ…って…(熱を帯びた瞳をして、淫らな雰囲気を出す彼女を見れば、静かに自分のズボンをそっと脱ごうとして、完全に欲に忠実で…)   (6/29 22:58:37)

進/アニエス…今日だけ、ね?(そう言いながら相手を見つめ、硬く勃っている彼の肉棒を見ては頬を赤らめた。それから相手に手を伸ばし「…触って。私を…貴方の体に、堕として。」と甘い声で囁いた。)   (6/29 23:02:19)

阿修羅/ブラッディ…嗚呼。今日だけだ…(触って…か…こう…なのか…?と、呟き、秘部に手を触れようとする。手を伸ばす相手を見れば緊張して、)   (6/29 23:05:50)

進/アニエスっあッ…♡(秘部に相手の手が触れると、布越しであってもびくりっと反応し、頬を赤らめふるふると震えた。体に走った快感に気持ち良さそうに震え、相手の片手を弱く掴み、胸の方に持ってこようとし。恐らく、触ってほしいのだろう。)   (6/29 23:08:38)

阿修羅/ブラッディっ…ふふ…胸、触って欲しい様だな…(今度は胸に触って欲しそうなのか、そっと胸に触ろうとして、)   (6/29 23:09:26)

進/アニエスあッ、それ、好きぃ…♡(胸に触れられるとびくんっと体が跳ね、甘い声で呟いた。相手が復讐相手だとは思えないほどに、嬉しそうにしているのは気のせいだろうか。)   (6/29 23:10:56)

阿修羅/ブラッディふふ…そうか、此処が弱いのかっ…(そのまま胸を弄り、揉み続けて、そのまま乳首を弄ろうとして、)   (6/29 23:13:10)

進/アニエスんあぁッ♡そうやってされるの好きぃッ!!(乳首を弄られるとより一層甘い声が漏れ出し、びくんびくんっと激しく体が震えた。)   (6/29 23:15:12)

阿修羅/ブラッディそうかッ…なら、もっとしてやるっ…!(そう言い、更に弄る。乳首をつまみ出したり、いじったりなどして、)   (6/29 23:16:45)

進/アニエスあぁあんッ!!あッ、やぁッ♡ぐりぐりされてるのぉ…♡(更に乳首が弄られると酷い快楽で視界がチカチカとし、秘部から愛液がじわりと滲み出す。)   (6/29 23:18:59)

阿修羅/ブラッディふはッ、気持ちよさそう、だなっ…!(乳首をそっと弄り、ふふふ、とほほえむ。微笑む。秘部を見て、入れたいのか?と小さく呟き、)   (6/29 23:21:24)

進/アニエスあッ♡あぁッ、乳首ぐりぐりされるの好きなのぉッ♡(乳首が敏感なのかそう甘い声で呟き、入れたいのか?と問われると「初めてだけど、欲しいッ♡貴方の性器に犯されたいッ…!」と本心を溢す。その間も秘部は愛液をまといながらぷるぷると震えており、寂しそうに相手の肉棒を求めていた。)   (6/29 23:26:44)

阿修羅/ブラッディふふ、そうかッ…!!(そのまま弄って、欲しいと言う彼女を見れば、じゃあ、入れるぞ…と、言い、そっ、と入れようとして、)   (6/29 23:27:59)

進/アニエスあぐッ、苦しっ、ぁあああああ!!痛ぃいいッ!!(彼の肉棒が秘部の中に沈んでいく度に苦しそうに声を上げ、つい体が力んでしまう。必死に力を抜こうとするも、なかなか痛みに慣れず、反射的に彼に手を伸ばしてしまう。)   (6/29 23:30:57)

阿修羅/ブラッディ痛いか…?ならやめるか…?(なんて、体が力んでしまう彼女を見て、手を伸ばす彼女を見れば優しく手を握り、)   (6/29 23:31:39)

進/アニエスやだッ、やめたくない…初めての相手は、貴方が良いッ…!(手を優しく握られると無意識にぽろぽろと涙が流れ、ぎゅっとその手を握り返す。それから少し恥ずかしがった声で「…抱きしめて、ほしいの…そうしたら、痛くない…から…」と呟いた。)   (6/29 23:34:22)

阿修羅/ブラッディそうかっ…分かったっ…!!(此方も手を握り返し、優しく抱きしめる。これで良いか…?と、言い、その時にそっと腰を動かし、)   (6/29 23:35:18)

進/アニエスぐッ、あ、ぁあああッ!!(優しく抱きしめられると嬉しそうに微笑み、嬉しいッ…と小さく返すと、腰が動き肉棒が秘部の中を進んでいく。苦しそうに声を上げながらも、彼に回した手に力が入り、秘部の中は比較的緩んでいた。彼の肉棒が秘部の中の突起に引っかかると、より一層力が強くなり。)   (6/29 23:38:55)

阿修羅/ブラッディふはっ…嬉しいか…!俺もだっ…!!(優しく抱きしめ、早く腰を動かし、ちょっと彼女に聞きたい事があり、勇気を出して行ってみる、)…なぁッ…ちょっと言いたいんだが良い…か?   (6/29 23:40:23)

進/アニエスくッ、あ、嬉しいッ、嬉しいよぅ…♡(嬉しいそうにびくびくと震えながらそう答え、腰が処女膜の前で動くと少しもどかしそうにする。相手からそう言われると、赤らんだ顔で首を傾げる。)…んっ…?な…に…?   (6/29 23:42:41)

阿修羅/ブラッディ嬉しいか…!それなら、良かった…!!(静かに腰を動かし、くく、と静かに微笑む、)…まぁ…その…さ…奉仕、させてくれないか…、無理強いはしない。嫌だったら言ってくれ…(極度の緊張でいった。彼女の事が好き過ぎるあまりの発言なのか不明である。)   (6/29 23:45:05)

進/アニエス…ね、ねぇッ…私の処女膜、破ってぇっ…♡(甘い声でそう呟きながらきゅんきゅんと中を締め付け、はーっはーっと激しく息をし。)…嬉しいッ…嬉しいッ…!ほんとは復讐なんてどうでもよかったッ!!ただ愛されたかっただけなのぉッ!!私を愛してぇッ、愛してぇッ!!(彼からの言葉を聞くとぼろぼろと涙が溢れ出し、無意識にそう言っていた。その顔は普段の凛と澄ました顔ではなく、幼気な少女そのものだった。)   (6/29 23:49:15)

阿修羅/ブラッディああっ…なら、思い切り破ってやるからな…!!(そう言い、腰を激しく動かし、破る勢いで動かす。)嬉しいか…!!嗚呼、良いぜ!!とことん愛してやる…!!!(そう言い、不思議と微笑み、殺戮もどうでも良くなり、くく、と微笑む。)   (6/29 23:51:59)

進/アニエスぁあああああッ!!!…あ、はっ…破れ、たァ…♡(激しく腰が動かされ、それと同時に奥まで押し込まれた肉棒が処女膜を破った。痛みと快楽で震えながら、接合部に滴った純血を眺めた。)お願いッ、私を愛してよぉッ…!!離さないでッ、ずっと犯してぇッ…!!貴方だけの物になりたいのぉッ♡(微笑む彼を見てはぽろぽろと泣きながらそう呟き、嬉しそうに微笑み。)   (6/29 23:57:28)

阿修羅/ブラッディ破れてしまったな…っ…!もう俺のものだ…!(そう呟き、必死に腰を動かし、何度も強い快楽を与え続けて、先っぽが膨らみ、)嗚呼!愛してやる…!とことん…!犯してやる…!!(なんて、優しく呟き、ふふ、と微笑んで)   (6/30 00:00:11)

進/アニエス貴方の物になれた、なれたのぉッ!!ぁあんッ、気持ちいいッ!!子宮がぁッ、降りてきちゃううッ♡(奥まで届くようになった肉棒に激しく震えながら、激しく突かれ続けたが故にずんっと子宮が降りてきたのか、肉棒が奥に当たるようになり。)愛してぇッ♡大好きなのぉッ♡(そう言いながら相手を見つめ、びくびくと震えて)   (6/30 00:05:22)

阿修羅/ブラッディぅぁっ!!気持ちいいかっ…!!もうこのままイキそうだ…!!出しても良いか…?(このまま何度も激しく突いて、奥に当たればより出したくなり、)とことん愛してやるっ…!!俺も大好きだ…!!!(ふふ、と微笑み、優しく頰にキスをして)   (6/30 00:07:10)

進/アニエス私の中に射精してぇ!!後の事なんて考えなくていいのぉッ♡子宮の奥の奥まで満たしてぇええッ♡(激しく突かれ続けると視界がクラクラとし、射精して欲しいがためか中が締まり。)あぁあッ…好きぃ…♡(頬にキスされると嬉しそうに笑い、びくびくと震えて)   (6/30 00:11:07)

阿修羅/ブラッディ嗚呼っ、分かった…!!いっぱい、中に注いでやるっ…!!!(中が締まれば、思い切り中にびゅるびゅると出してしまい、)俺も、大好きだっ…!!!   (6/30 00:12:04)

進/アニエスあぁあああ…♡私の子宮が、子種でいっぱいぃい…♡(びゅるびゅると中に子種が注がれていくと、快楽に目をチカチカさせた。それから相手を抱きしめると、嬉しそうに微笑み。)私も、大好きなのッ…♡   (6/30 00:14:04)

阿修羅/ブラッディっ…ふふ…いっぱい出されたな…(なんて、ふふ、と微笑んで、此方も優しく抱きしめて、)…俺も大好きだっ…(ふふ、と微笑み、彼女に奉仕されたい、なんて思って、)   (6/30 00:16:44)

進/アニエス…家族を殺した貴方は、嫌い。…だけど。…私を愛してくれる貴方は、好き。…これは…おかしい事?(相手にそう問いながら少し不安そうな顔をし、優しく抱きしめられるとこちらも抱きしめた。)…私も…好き…(こちらも釣られて優しく微笑み、ちゅ、と頬にキスをして)   (6/30 00:21:00)

阿修羅/ブラッディ嗚呼、そうか…おかしい事じゃない。俺を憎む気持ちはすげぇ分かる。…アンタが嫌でも、俺はアンタを愛し続ける。(そう言い、優しく抱きしめ、ふふ、と微笑み、)   (6/30 00:22:53)

阿修羅/ブラッディ((途中っ!?()   (6/30 00:22:57)

阿修羅/ブラッディ嗚呼、そうか…おかしい事じゃない。俺を憎む気持ちはすげぇ分かる。…アンタが嫌でも、俺はアンタを愛し続ける。(そう言い、優しく抱きしめ、ふふ、と微笑み、)俺も好きだ…。(頰にキスされれば、びくっ、と身体が反応し、頬を赤らめ、'   (6/30 00:23:30)

進/アニエス…嫌いだけど…好きなの。…貴方の事。…ふふ…嬉しい。…こうして愛されたのは、久しぶりだから…(そう言いながらぎゅうう、と抱きしめ返し、静かに微笑み。)ふふっ…唇に、キス…して…?(そう言いながら目を瞑り、ちゅーっと唇をとんがらせた。)   (6/30 00:26:57)

阿修羅/ブラッディ…そうか…、俺も、嬉しいさ…ありがとな…なら、これからも愛してやる…(なんて、そう言い、此方も抱きしめ返して、)嗚呼、良いぜ…?(そう言い、そっと此方も目を瞑り、そっと唇にキスをして、)   (6/30 00:29:21)

進/アニエス…私は…これからもずっと、貴方の事を許せないと思う…ごめんね。でも…貴方が愛してくれるのは、凄く嬉しかった。…ありがとう。(そう言いながらふふっと静かに微笑み、ぎゅ、と抱きしめて)んっ…好き、好きっ…(キスを余す事無く受け入れて、ぎゅ、と抱きしめる腕の力を強めた。)   (6/30 00:33:08)

阿修羅/ブラッディ…そうか…、許せないのは当然だもんな…。そうか、嬉しいなら、良かった…、俺も、大好きだ…(ふふ、と優しく微笑み、此方もぎゅーっ、と抱きしめて、)俺も、好きだ…ずっと…(そっとキスをして、こちらもぎゅー、っと強く抱きしめ、)   (6/30 00:35:46)

進/アニエス…大丈夫。…こうして…何度か性交を繰り返して、愛し合っていれば…きっと、許せる日が来るから。…愛されて、凄く嬉しかったの。…大好き。(そう言いながら静かに微笑むと、相手の腕の中でうとうととし始めて。)ねぇ…あのね…(相手の顔をほんのりと柔らかい顔で見つめながら、言葉を紡ごうと口を開く。)   (6/30 00:41:10)

阿修羅/ブラッディ…確かに、そうだな…そうして繰り返すと、何れは許せるかもな…だが、俺の罪は消えねぇ…。でも、ありがとな…俺も大好き…(うとうととする彼女を見つめ、微笑み、)…ん?何だ?言ってみな。(なんて事を言い、ふふ、と微笑み)   (6/30 00:42:32)

進/アニエスあのね…もしも……全てが無かったら………二人で…………一緒に……………(彼の手を握りながらそう呟くと、途中で安心感と久々に感じた温もりによって、ころりと眠ってしまった。)   (6/30 00:44:54)

阿修羅/ブラッディ二人で…一緒に…?って、あれ…もう寝ちまったか…まぁ、お休み…(そう言い、此方も静かに眠るか、と言い、此方も静かに眠りについて ーーー)   (6/30 00:46:29)

阿修羅/ブラッディ((   (6/30 00:46:34)

阿修羅/ブラッディ((途中!〆、ですかね?   (6/30 00:46:49)

進/アニエス((〆ですね!長々とお相手ありがとうございましたっ!!では、そろそろ落ちますね!おやすみなさい〜!!   (6/30 00:47:39)

おしらせ進/アニエスさんが退室しました。  (6/30 00:47:45)

阿修羅/ブラッディ((とと、了解です!!お休みなさいー!!では、こちらも!   (6/30 00:48:02)

おしらせ阿修羅/ブラッディさんが退室しました。  (6/30 00:48:04)

おしらせ阿修羅/オルペウスさんが入室しました♪  (7/11 22:29:43)

おしらせ進/ヴァイスさんが入室しました♪  (7/11 22:31:10)

進/ヴァイス((ヒューーーーーンッ   (7/11 22:31:31)

阿修羅/オルペウス((おぉー!!いらっしゃいー!!!   (7/11 22:31:32)

進/ヴァイス((きたよん!!セックスしよ!!((   (7/11 22:32:09)

阿修羅/オルペウス((うむ…!シチュも決まった事ですし、出だしどしますかなっ?()   (7/11 22:33:20)

進/ヴァイス((よろしければお受けしますよー!!   (7/11 22:33:37)

阿修羅/オルペウス((やった!!お願いしますっ…!   (7/11 22:37:08)

進/ヴァイス((はーい!おまかせを!では、少々お時間いただきます〜   (7/11 22:38:10)

阿修羅/オルペウス((はーいっ…!!!!   (7/11 22:38:17)

進/ヴァイスふんふんふ〜…♪(小さな鼻歌を歌い、夜の廊下を歩いてくるのは一人の少女。ぴくぴく動く耳と、ふわふわな尻尾を持つ彼女は獣人だ。実を言うと、発情している真っ最中なのだが…慣れているため普段通りに振る舞っている。たゆんたゆんと揺れる胸をよそに、辿り着いた部屋の扉を叩いて言う。)オルペウスさん〜?いる〜?   (7/11 22:41:04)

2020年03月19日 19時37分 ~ 2020年07月11日 22時41分 の過去ログ
とある種族のR部屋
現在のルーム
過去ログ一覧
▲このページの先頭に戻る


(C)2009-2021 チャット ルブル <info@luvul.net>